洗面所リフォーム見積もり比較サイト5選!おしゃれにするポイントも

自宅のリフォームを考えるとき、毎日使う洗面所は「できるだけおしゃれにしたい」と思う人も少なくないでしょう。洗面所は、中でも比較的工事費用が安い点が特徴です。

洗面台や壁紙によって洗面所の雰囲気が大きく変わるため、自分の好みに合わせてアレンジしやすいのも特徴。希望に合ったリフォームを実現するためにも、適切な業者にリフォームを依頼しましょう。

そこで今回は、洗面所のリフォーム会社が効率よく探せるリフォームの見積もり比較サイトを紹介。おすすめ5社の特徴や強みを徹底解説します。

洗面所をおしゃれにするポイントも解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

【洗面所リフォーム会社が探せる】見積もり比較サイトおすすめ5選

リショップナビ

リショップナビ

おすすめポイント
  • 資格・実績・保証などの厳格な審査をクリアした加盟店から業者を選べる
  • リショップナビ安心保証があり、もしものときも安心
  • リフォームの事例・情報が満載で参考になる

リショップナビは資格・実績・保証など、独自の厳格な審査を通過した優良業者が加盟しており、希望に合った会社から見積りを出してもらえるサービスです。

利用料金は不要であり、カスタマーサポートが希望をしっかりとヒアリングするため、理想のリフォームを実現しやすいです。

 最大一括査定業者数は5社と多いため、見積りを出した業者から最適なものを選べます。

他にも、依頼したリフォーム業者が倒産したときなど、もしもの時は前払金の返還・代替リフォーム会社の紹介などを実施する独自の「リショップナビ安心保証」を用意しています。

2022年8月3日時点では、「洗面所」のリフォーム事例は1,241件も掲載されており、施工日数・概算費用・施工会社・ビフォーアフターの画像など、リフォームの情報が満載です。

希望に近い事例が見つかれば料金・プランを比較しやすいです。
リショップナビの洗面所リフォーム事例
  • 施工日数: 26日
  • 物件種: マンション・アパート
  • リフォーム費用: 20~50万円
  • 施工会社:株式会社ぜん
Before
After

運営会社 株式会社じげん
利用料金 無料
最大一括査定業者数 5社(加盟会社数1,400社以上)

出典:リショップナビ公式サイト

ホームプロ

ホームプロ

おすすめポイント
  • 2001年からサービスを提供している老舗のリフォーム会社紹介サイト
  • 加盟店数や施工実績数が充実しており、リフォームの参考になる
  • 加盟店は指導を受けており、サービスの品質が高い

ホームプロは実績が豊富でリフォーム会社選びの方法として人気があり、公式サイトによると今までに90万人以上が利用しています。

 リフォームの施工事例は9万件以上、施主による業者の評判は7万件以上もあり、リフォームの参考にしやすいです。

また、加盟している業者は厳しい審査を通過しているだけでなく、サービス品質向上のための指導を受けているため、安心して利用できるでしょう。

2022年8月3日時点で洗面所のリフォーム事例は9,671件と豊富にあり、レイアウトなどのイメージが膨らみやすいです。

地元の優良業者を効率良く探したい人におすすめです。
ホームプロの洗面所リフォーム事例
  • 施工日数: 2カ月
  • 物件種: マンション
  • リフォーム費用: 12万円
  • 施工会社:株式会社みらいテクノハウス
Before
After
運営会社 株式会社ホームプロ
利用料金 無料
最大一括査定業者数 8社(加盟会社数1,200社以上)

 

出典:ホームプロ公式サイト

ハピすむ

ハピすむ

おすすめポイント
  • 全国の1,000社以上の優良会社が加盟している
  • 一括査定の中から最大3社の見積りを比較できる
  • 在籍しているコンシェルジュは有資格者が多く、適切なアドバイスを受けられる

加盟店は全国の1,000社以上の厳しい審査をクリアした優良会社であるため、安心して見積りを依頼できるでしょう。

一括査定を依頼した中から、最大3社のリフォーム会社から見積りを出してもらえるため、希望に最も近い業者を選べます。

 ハピすむに在籍しているコンシェルジュは、リフォーム関連の資格保持者が多く、適切なアドバイスを受けられます。

さらに土日・祝日でも営業しているため、曜日を気にせずに相談しやすい点も大きなメリットです。

「洗面台・洗面所リフォーム」に関するコンテンツの数も多く、費用や注意点など参考になる内容が豊富です。

サポート体制も整っているため、初めてのリフォームでも安心できるでしょう。
運営会社 株式会社エス・エム・エス
利用料金 無料
最大一括査定業者数 3社(加盟会社数1,000社以上)

 

出典:ハピすむ公式サイト

タウンライフリフォーム

タウンライフリフォーム

おすすめポイント
  • 地域密着型のサービスで、リフォームの見積り・プランを比較しやすい
  • 希望のリフォームに合ったアイデアなどのアドバイスを受けられる
  • 一括査定では優良業者から3種類の提案書をもらえる

タウンライフリフォームは、地域に根付いた優良業者に見積りを依頼できるサービスです。

 全国の460社以上のリフォーム会社が加盟しており、最も適した業者から3種類の提案書が届き、その中から希望に近いものを選べます。

見積りの依頼以外にも、リフォームのアドバイスを受けたりアイデアを教えてもらえたりするため、理想を実現しやすいです。

洗面所に関するリフォームの特集を閲覧できるため、レイアウトなどの参考になるでしょう。

一括査定に申し込むと「成功するリフォーム7つの法則」の冊子を受け取れることもメリットです。
運営会社 タウンライフ株式会社
利用料金 無料
最大一括査定業者数 不明(加盟会社数460社)

出典:タウンライフリフォーム公式サイト

リノコ

リノコ

おすすめポイント
  • 全ての費用が含まれた安心できる価格を提示してもらえる
  • 無駄を徹底的に省くことで、コストパフォーマンスが良いリフォームを実現している
  • 現地調査を実施しているため、手間がかからず確実な見積りをもらえる

リノコでは、全ての費用を含んだ安心価格でリフォームを提供するサービスです。必要がない中間業者を排除しコスト削減を実現しており、低価格でリフォームを実施しやすいです。

 現地調査を実施しているため、依頼者が採寸・撮影する必要はありません。

見積りが出るまでに時間はかかるものの、確実で安心できる結果を得られる点がメリットです。

また、具体的なリフォーム内容が決まっていない場合でも、気軽に相談できます。2022年8月3日時点で洗面所のリフォーム事例は590件もあるため、イメージを膨らませやすいです。

価格・スピードよりも確実さ・安心感を重視する人におすすめです。
リノコのリフォーム事例
  • 施工日数: ー
  • 物件種: マンション
  • リフォーム費用: 28万円
  • 施工会社:ー
Before
After
安くリフォームがしたいなら リノコ
無料見積もりはこちら
運営会社 セカイエ株式会社
利用料金 無料
最大一括査定業者数 1社(最適な施工店を選定)

安くリフォームがしたいなら リノコ
無料見積もりはこちら

出典:リノコ公式サイト

【マンション・戸建て】洗面所リフォームの費用

洗面所

ホームプロの公式サイトを参考にすると、洗面所のリフォーム費用の相場は10万円から40万円であり、中心価格帯は20万円~30万円です。

リフォームでは建物の構造が異なるため、戸建てとマンションでは費用に差が出るケースが多いです。

しかし、洗面所の場合は構造にそこまで大きな違いは現れないため、費用相場も変わりません。

目安価格帯 中心価格帯
一戸建て※1 10万円〜40万円 20万円〜30万円
マンション※2 10万円〜40万円 20万円〜30万円

洗面所のリフォームは洗面台のタイプによって費用に違いが出やすいです。洗面台にはユニットタイプとシステムタイプ(カウンタータイプ)の2種類あり、それぞれで費用相場は変わります。

ユニットタイプは洗面器一体タイプとも呼ばれ、鏡・収納・洗面ボウルが一体化しているものであり、相場は8万円~15万円ほどです。

 システムタイプはカウンタータイプとも呼ばれ、パーツ毎に好きなデザイン・機能を選べます。カスタマイズしやすいですが相場は30万円前後と高いです。

他にも、同じタイプでもグレードによって価格は変わり、ローグレードのものとハイグレードのものでは20万円以上の差が出ることもあります。

ローグレードの洗面台はシンプルなデザインが多く、シンクや収納スペースが狭いです。グレードが上がるとシンクは広くなり収納量も増えるでしょう。

デザイン性が高くなる他にも、材質が良くなるため耐久性も高くなります。

※1 出典:ホームプロ 一戸建ての洗面台・洗面所リフォームの費用と相場
※2 出典:ホームプロ マンションの洗面台・洗面所リフォームの費用と相場

費用を抑える方法

洗面所

洗面台のリフォームでは、洗面台本体の価格が最も高いです。そのため、洗面台本体を安いものにすると、リフォーム費用の総額を抑えやすいです。

例えば、相場が高いシステムタイプよりもユニットタイプの方が安くなります。他にも費用を抑えたいときは、メーカーにこだわらず製品を選ぶこともおすすめです。

同じような品質や使い勝手の製品でも、メーカーによって価格に差が生まれます。安い製品を重視して選ぶと費用を抑えられるでしょう。

洗面所をリフォームしてくれる業者の選び方

洗面所をリフォームしてくれる業者の選び方洗面所をリフォームしてくれる業者を検討する際には、押さえておくべきポイントがあります。ここでは、洗面所をリフォームしてくれる業者の選び方について解説します。

業者の選び方
  • 複数の業者から相見積もりを取る
  • 目的・予算に合ったプランを提案してくれる業者を選ぶ
  • 洗面所のリフォーム実績が豊富な業者を選ぶ
  • 一括見積もりサービスを活用する

複数の業者から相見積もりを取る

洗面所をリフォームしてくれる業者を選ぶ際には、複数の業者から相見積もりを取りましょう。同じ工事内容であっても、業者によって費用が異なるので、複数の業者の見積もりを比較することは大切です。

 相見積もりを取ることで、自分では気づかなかったアイデアや問題点を発見することも可能です。

目的・予算に合ったプランを提案してくれる業者を選ぶ

目的・予算に合ったプランを提案してくれる業者を選ぶ洗面所のリフォーム業者を選ぶ際には、目的や予算に合ったプランを提案してくれる業者を選びましょう。業者のなかには、予算を大幅にオーバーした提案をされることもあるので、注意が必要です。

 ただし、予算オーバーの根拠について納得できる説明がある業者であれば、信頼できるでしょう。

洗面所のリフォーム実績が豊富な業者を選ぶ

洗面所のリフォーム実績が豊富な業者を選ぶのも、洗面所のリフォーム業者を選ぶポイントの一つです。実績がある場合は、その分ノウハウやスキルを持っていると期待できるためです。

 仕上がりの完成度を期待できることをはじめ、資材の仕入れ先が多く、リフォーム内容の幅も広げられるでしょう。

 

見積もり比較サイトを活用する

見積もり比較サイトを活用する

見積もり比較サイトを活用するのも、洗面所のリフォーム業者を選ぶ方法の一つです。特にリフォーム会社を探すのに苦労している場合は、活用することをおすすめします。

 

 多くの見積もり比較サイトは無料で利用でき、複数の業者の比較を簡単にできます。

 

洗面台をリフォームする際の注意点

洗面所をリフォームする際には、気をつけるべき点があります。ここでは、洗面所をリフォームする際の注意点について解説します。

注意点
  • 設置スペースに合ったサイズであるか
  • 洗面所の高さは合っているか
  • 給排水管の接続が可能か
  • 電源の取り回しが可能か

設置スペースに合ったサイズであるか

設置スペースに合ったサイズであるか洗面所をリフォームする際には、設置スペースに合ったサイズであるかを確認しましょう。特に現在設置されている洗面ボウルと異なるタイプに変える場合は、要注意です。

洗面所をリフォームしたことで、不便になることがないように、業者に事前に確認するようにしましょう。

洗面台の高さは合っているか

洗面所をリフォームする際には、洗面台の高さが合っているのかも確認しましょう。洗面台は高すぎても低すぎても、生活するうえで不便です。特に身長に対して低すぎる場合、腰に負担がかかってしまいます。

 

また日本人の身長に合わせられた昔の洗面台は、現在主流になっているものよりも低く設計されている可能性があるので、注意が必要です。

 洗面台の高さは、「身長÷2=適切な高さ」で算出できます。

給排水管の接続が可能か

給排水管の接続が可能か給排水管の接続が可能かどうかも、洗面所をリフォームする際にチェックすべきポイントです。多くの洗面所は給排水管と接続されているため、手洗いや洗顔などを不便なく行うことが可能です。

 給排水管をつなぐ部分は、洗面所によって異なるので、ものによっては接続できない可能性もあります。

そのため、リフォームを進める前に、給排水管の接続が可能かどうかは、必ず確認しましょう。

電源の取り回しが可能か

洗面所をリフォームする際には、電源の取り回しが可能かどうかを確認しましょう。洗面所では、ドライヤーやヘアアイロン、電動歯ブラシなど、電気を使用する機会が多くあります。

そのため、電源を不便なく利用できるかどうかは、リフォームする前に確認するようにしましょう。

洗面所リフォームに使える補助金とは

広い洗面所

洗面所をリフォームする際、工事の内容によって補助金・助成金を受け取れる可能性があります。対象の補助金の種類は以下の3種類です。

洗面所リフォームに使える補助金
  • 長期優良住宅化リフォーム推進事業
  • 介護保険住宅改修費補助
  • 各地方自治体が実施している各種制度

長期優良住宅化リフォーム推進事業とは、質の良い住宅形成を推進することが目的の事業であり、目的に合致した工事費用の一部を補助金にて支援します。

補助金を受け取る要件を満たす必要がありますが、主に住宅の劣化対策などの工事・リフォームが該当します。

介護保険住宅改修費補助は、介護する人・受ける人のいずれも暮らしやすくする住宅改修に対し、補助金を受け取れる制度です。

 「洗面台に手すりをつける」「洗面所の段差を解消する」といった、介護・バリアフリーに関する工事が対象になります。

また、各地方自治体では独自のリフォーム補助金制度を実施しているケースがあります。介護保険と同様の内容の補助金が多いですが、その金額や要件は市町村で異なるケースがほとんどです。

これらの補助金を受け取るためには、工事の内容が要件を満たし適切な手続きを行う必要があります。

申請が認められると工事費の負担が減るためおすすめです。

リフォームで洗面所をおしゃれにするポイント

おしゃれな洗面所

全体の雰囲気を決める

洗面所をおしゃれにリフォームするためには、洗面台だけでなく洗面所全体のテーマや雰囲気を決める必要があります。各箇所のテーマや配色に統一感がないと、おしゃれさを感じにくくなるでしょう。

 例えば、ウッド調の壁紙を使い木の温もりを感じられる洗面所に対し、システマチックなモノクロやメタリックな洗面台を配置すると違和感が生まれます。

「シック」「ナチュラル」など大まかに全体の雰囲気を決めると、洗面台のデザインや壁紙の種類などを選びやすくなり、統一感が出てスッキリします。

他にも空間の雰囲気に合わせて、花を置いたり壁に絵を飾ったりなどの工夫もおすすめです。

インテリア雑誌やおしゃれなカフェなどの洗面所を参考にすると良いでしょう。

洗面ボウルの種類にこだわる

洗面所

洗面台の印象は、洗面ボウルのデザインによって大きく影響を受けます。カウンターとボウルが一体化しているものが一般的ですが、他の種類の検討もおすすめです。

 カウンターと一体になっている洗面ボウルを「埋め込みタイプ」と呼びます。他には、カウンターに乗せる「置き型タイプ」、壁に設置する「壁付けタイプ」などがあります。

埋め込みタイプはボウルはそこまで主張しない無難なデザインになりやすいですが、置き型タイプはボウルの存在感が際立ちやすいです。

また、置き型タイプや壁付けタイプのようにカウンターから分離している種類は、洗面ボウルの材質によっても与える印象が変わります。

シンプルな真っ白の陶器を使う以外にも、大理石やホーローなどがあります。それぞれのタイプによって掃除や手入れのしやすさにも違いがあるため、慎重に選びましょう。

鏡の位置や形にこだわる

洗面所リフォーム

ユニットタイプの洗面台の場合、鏡の種類や配置などは選びにくいですが、システムタイプであれば鏡の位置・形状・サイズにもこだわれます。

洗面台の中で鏡は視界に入りやすい位置にあるため、形状やサイズによって印象は大きく変わります。また、鏡によって付近の収納などのバランスも変わるでしょう。

 例えば、小さな鏡を設置すると洗面台の印象を薄くでき、大きな鏡にすると洗面所が鏡面に映るため奥行きが出ます。

ただし、狭いスペースに大きな鏡を配置すると圧迫感が出る可能性があるため注意が必要です。

収納を増やしたい場合は扉と鏡が一体になっているものを使うと、良い目隠しになります。

壁紙・照明にこだわる

綺麗な洗面所

壁紙や照明は全体の雰囲気に影響するため、洗面台のデザインとのバランスを考えることが大切です。

壁紙の配色によって印象が変わりますが、おしゃれにしたい場合はタイルを施すなどの工夫もおすすめです。

 タイルを使うと空間に奥行きが生まれ、配色によっては壁面にアクセントを入れられます。配置によってはデザイン性が高いスタイリッシュな洗面所になるでしょう。

照明も種類によっては、おしゃれさの演出に役立ちます。例えば、アンティークランプなど個性的な照明を使うと、雰囲気が出やすくなります。

蛇口のデザイン性を意識する

白基調の洗面所

洗面台のおしゃれさを重視する場合は、蛇口のデザインも意識しましょう。一般的な洗面台では、レバーを上下左右に動かすことで水を出し、温水に調整できます。

 機能性を重視する場合はシャワーヘッド付きのものやノズルがあるもの、蛇口の首を曲げられるものだと便利です。

他にも、メタリックなシルバーのものを選ぶとスタイリッシュになり、ゴールドのものを選ぶと柔らかい印象になります。

蛇口が四角いタイプとカーブがかかっているものでも、与える雰囲気に違いが出やすいです。

洗面所リフォームはDIYでどこまでできる?

洗面所リフォームをDIY

洗面所のリフォームはDIYでも可能ですが、内容によっては難易度が高くなり、故障などトラブル発生のリスクが伴います。

洗面台の交換・取り付け自体は、DIY経験者であれば説明書の手順通りに進めれば不可能ではありません。

しかし、水道管との接続・洗面台の組み立て・壁や床の張り替え・傷んだ箇所の交換・補修などは、作業が難しく感じる場合があります。

 洗面ボウルの扱いを誤ると割れてしまい水漏れするリスクがあります。水道管の接続についても、水が出ない・止まらないなどのトラブルが起こる可能性はゼロではありません。

特にDIYが初めての人にとっては、失敗する可能性があるためおすすめしません。シンプルな構造以外のものは、業者に依頼した方が確実です。

よくある質問

洗面所リフォーム会社が探せるおすすめの見積もり比較サイトは?
洗面所リフォーム会社が探せるおすすめの見積もり比較サイトは、独自の厳格な審査をクリアした加盟店から業者を選べる「リショップナビ」、老舗のリフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」、一括査定の中から最大3社の見積もりを比較できる「ハピすむ」です。地域に根差したサービスを利用したい人には、地域密着型のサービス「タウンライフリフォーム」がおすすめです。コストパフォーマンスが良いリフォームがしたい人には、安心価格でリフォームを提供する「リノコ」が適しているでしょう。
洗面所リフォームの費用は?
ホームプロの公式サイトによると、洗面所のリフォーム費用の相場は10万円~50万円で、中心価格帯は20万円~30万円と示されています。戸建てとマンションでは建物の構造が異なるため、費用に差が生まれる可能性もあります。
洗面所リフォームの費用を抑える方法は?
洗面台本体を安いものにすれば、洗面所のリフォーム費用を抑えることが可能です。システムタイプよりも、ユニットタイプの方が費用が安い傾向があります。また、他の費用も抑えたい場合は、メーカーにこだわらずに選ぶとよいでしょう。
洗面所リフォームに使える補助金とは?
洗面所をリフォームする際には、工事内容によっては補助金・助成金を受け取れます。洗面所のリフォームに使える補助金は、「長期優良住宅化リフォーム推進事業」「介護保険住宅改修費補助」「各地方自治体が実施している各種制度」です。それぞれ制度については、本記事で紹介しているので参考にしてください。
リフォームで洗面所をおしゃれにするポイントは?
リフォームで洗面所をおしゃれにするためには、洗面台のみではなく、全体の雰囲気を決めるのがポイントです。全体のテーマや配色に統一感を持たせないと、違和感が生まれてしまうためです。空間の雰囲気に合わせて、絵を飾ったり花を置いたりするのもおすすめです。また洗面所の印象は、洗面ボウルのデザインに左右されるため、洗面ボウルの種類にもこだわりましょう。鏡の位置や形、壁紙や照明、蛇口のデザイン性にこだわるのも、洗面所をおしゃれにするポイントの一つです。
洗面所リフォームはDIYはどこまでできる?
あ洗面所のリフォームはDIYでもできますが、内容によっては難易度が高いといえるでしょう。場合によっては、故障してしまったりトラブルが発生してしまったりする可能性もあるので、注意が必要です。特にDIYが初めての場合は、失敗するリスクが高いため、あまり推奨しません。業者に頼んだ方が確実でしょう。
洗面所をリフォームしてくれる業者の選び方は?
洗面所のリフォーム業者を選ぶ際には、複数の業者から相見積もりを取るようにしましょう。目的・予算に合ったプランを提案してくれる業者を選んだり、洗面所のリフォーム実績が豊富な業者を選んだりするのもおすすめします。洗面所の業者選びが初めての人は、一括見積もりサービスを活用するとよいでしょう。
洗面所をリフォームする際の注意点は?
洗面所をリフォームする際には、まずは設置スペースに合ったサイズであるかを確認しましょう。リフォーム後に不便にならないように、事前に業者に問い合わせておくことをおすすめします。洗面所の高さが身長に合っているかの確認も必須です。また、給排水管の接続、電源の取り回しが可能かどうかも合わせてチェックしましょう。

まとめ

この記事では、洗面所リフォームの見積もり比較サイトのおすすめ5選を紹介しました。費用は20万円から30万円ほどと比較的安価であるため、好みに合わせてリフォームしやすいでしょう。

また、リフォームは同じ箇所でもマンションと戸建てで相場が大きく変わるケースがありますが、洗面所の場合はそこまで大きな差は生まれません。

費用を抑えたい場合は、工事内容に応じて補助金が受け取れる場合もあるため、興味がある人は対象要件などを把握すると良いでしょう。

洗面所を自分好みにリフォームし、快適に過ごしてみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事