資産運用 おすすめ

手元の資金を活用して将来に備えたい人や、効果的に運用したいと考えている人は多いです。しかし、投資に興味はあっても損する可能性があるため、実践に至っていない人も少なくありません。

初心者が資産運用を考えるとき、リスクを抑えた方法の把握が重要です。特徴を押さえ、自分に適した方法を実践しましょう。

そこで今回は、初心者向けのおすすめ資産運用方法を5選を解説。非課税制度を利用した資産運用についても紹介します。

資産運用には、所見会社の口座が必要です。初心者におすすめの証券会社も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

初心者におすすめの資産運用5選

資産運用の方法

1,投資信託

投資信託とは、投資・運用の専門家がさまざまな投資家からお金を集め、適切に運用することで得た利益を再分配する金融商品です。

ファンドとも呼ばれ、専門家の運用先は株式や債券、不動産などの金融商品であるため、一般的な投資先と変わりません。また、複数の投資先があるためリスクは分散します。

 しかし、実績があるプロが運用することで、より確実な利益を得やすくなるのがメリットです。そのため、知識や経験がない初心者でも安心できる投資方法といえるでしょう。

さらに投資信託は価格が日々変動するため、安いときに購入して値上がりしたときに売れば売却益も得られます。金融商品によりますが、少額から購入できるものもあります。

ただし、自分で運用するのではなくプロにお願いすることになるため、信託報酬や手数料などの運用コストがかかります。また、銀行とは違い元本が保証されているわけではありません。

分散投資であるとはいえ、市場の流れによっては元本割れを起こすリスクがあります。
投資信託を始めるためにはまずは口座開設
SBI証券
  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多く、2,633銘柄と業界トップクラス
  • 25歳以下は国内株式現物手数料が0円
  • 8時20分から23時59分まで夜間も取引できる
  • TポイントやPontaポイントが貯まる&使える
  • IIPO引受社数は、10年連続で証券業界ナンバーワ
SBI証券の基本情報
株式手数料(現物)
  • 5万円まで 55 円
  • 10万円まで99円
  • 20万円まで 115 円
  • 50万円まで 275 円
  • 100万円まで 535 円
  • 150万円まで 640 円
  • 3,000万円まで 1,013 円
  • 3,000万円まで 1,013 円

    ※全て税込み

株式手数料(信用)

【通常】

  • 10万円まで 99 円
  • 20万円まで 148 円
  • 50万円まで 198 円
  • 50万円超 385 円

【大口優遇】

  • 0円
取扱い商品 国内株式
外国株式
投資信託
債券
外国為替保証金取引(FX)
先物・オプション
CFD(くりっく株365)
金・銀・プラチナ
eワラント
iDeCo(個人型確定拠出年金)
保険

出典:SBI証券

国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

2,NISA

NISA

投資信託と並び、「NISA」も初心者向けの資産運用として人気があります。NISAは「Nippon Individual Savings Account」の略であり、少額投資非課税制度という制度の名前です。

投資信託や株式投資など投資によって利益を得た場合、利益に対して20%の税金が発生します。しかし、NISAの場合は利益が出ても非課税になるのが特徴です。

NISAは無制限に投資できるわけではなく期限や金額に制限があり、その条件は種類によって異なります。

NISAの種類

NISAには「一般NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3種類があり、一般NISAは年間120万円まで、最大5年間まで非課税になります。

 特に初心者向けである「つみたてNISA」は年間40万円まで、最大20年間非課税になるため、合計すると800万円まで投資可能です。

ジュニアNISAは年間80万円まで、最大5年間非課税になります。つみたてNISAの場合、毎月必要な投資額は最大でも約3万円になるため、少額から投資を始められるでしょう。

NISAを始めるためにはまずは口座開設
楽天証券
  • 楽天証券の投資信託は、2,661銘柄と豊富
  • 取引手数料の1%分の楽天ポイントがたまる
  • 「マネーブリッチ」に申し込むと楽天銀行をお得に利用できる
  • 楽天証券アプリ「iSPEED(アイスピード)」の機能が充実
楽天証券の基本情報
株式手数料(現物)
  • 5万円まで 55円
  • 10万円まで 99円
  • 20万円まで 115円
  • 50万円まで 275円
  • 100万円まで 535円
  • 150万円まで 640円
  • 3,000万円まで 1,013円
  • 3,000万円超 1,070円
    株式手数料(信用)
    • 10万円まで 99円
    • 20万円まで 148円
    • 50万円まで 198円
    • 50万円超 385円
    取扱い商品

    国内株式

    海外株式・ETF

    投資信託

    楽ラップ

    債権

    先物・オプション

    楽天FX

    外国為替

    保険

    出典:楽天証券

    3,ロボアドバイザー

    ロボアドバイザー

    ロボアドバイザーは名前の通り、ロボット・AIによるアドバイスを受けられるサービスです。

    ただし、投資信託やNISAと違い、金融商品自体の名前ではありません。ロボットのサポートを受けられるため、初心者でも運用しやすくなります。

    経験者でもロボットのアドバイスを参考にして投資できるため、有効活用できるでしょう。

    ロボアドバイザーは2種類ある

    ロボアドバイザーには「アドバイス型」と「投資一任型」の2種類あります。アドバイス型は、いくつかの質問に答えることで最適な金融商品や運用方法を教えてくれます。

     無料で利用できるものが多いものの、商品の選択や資産配分は自分で行わなければなりません。知識や経験がない人でも、より良い商品を選びやすくなります。

    投資一任型は、商品選択から運用もAIに任せられるサービスです。アドバイス型と違い手数料がかかりますが、相場の変動に応じて金融商品の見直しも行ってくれます。

    主にアドバイス型は経験者向け、投資一任型は初心者向けとして人気があります。

    4,ポイント投資

    ポイント投資

    ポイント投資は「Tポイント」「dポイント」「楽天ポイント」といった、各種ポイントを使い金融商品を購入するなど投資に利用できるサービスです。

    1pt=1円として使えることが多いため、100ptあれば100円分の金融商品を購入できます。初めて投資・資産運用する際、少額でも現金を使うのに躊躇する人は少なくないでしょう。

     今まで使わずに貯まっていたポイントがあれば、現金を使わずにポイントで金融商品を購入するなど投資できます。

    もし損失が出ても現金が減ることはなく、ポイントだけが失われるので安心感があります。ただし、対応しているポイントの種類は利用している証券会社によって異なるので要注意です。

    初心者の場合、資産運用を実際に実践してみることで、身に付く知識や得られる経験があります。ポイント投資であれば、それらをリスクが小さい方法で得られるでしょう。

    5,ミニ株・アメリカ株

    ミニ株

    初心者の場合、リスクが小さいため投資額を抑えた少額投資がおすすめです。しかし、株式を購入する際は、基本的に100株単位になるため金額が大きくなりやすいです。

    例えば、1株10,000円の株式であれば、100万円の資金が必要になります。そこでおすすめなのが、1株から株式を購入できる「ミニ株」です。

     少量の株式を購入できるため、自分で決めた資金をもとに投資できます。ミニ株には1株あたりの価格が小さい銘柄もあるため、少額でも複数の投資先を選ぶことも可能です。

    ただし、全ての銘柄・証券会社がミニ株に対応しているわけではありません。ミニ株を試したい人は、ミニ株に対応している証券会社から限定されている銘柄を選びます。

    同様にアメリカ株も初心者におすすめです。アメリカ株も少量から株式を購入でき、投資信託であるETFは分散投資できるので人気があります。

    初心者におすすめの非課税制度利用した資産運用

    非課税制度

    初心者は国が定めている税制優遇制度の対象である資産運用方法を実践するのがおすすめです。

     税制優遇制度は資産運用による利益が非課税になる「非課税制度」でもあり、お得に資産を増やせる可能性があります。

    代表的なものには、先程の「NISA」の他にも、iDeCo(個人型確定拠出年金)があります。iDeCoは個人で運用した資金を年金のように積み立てる制度のことです。

    初心者なら「つみたてNISA」がおすすめ

    NISAは非課税制度を代表する資産運用方法ですが、一般NISAとつみたてNISAは併用できません。初心者で少額から始めたい場合や、投資額の負担を抑えたい人であればつみたてNISAを選ぶと良いでしょう。

     一般NISAの場合、最大120万円まで投資できますが、利益を最大化するためには月額10万円もの資金が必要です。また、期間は最大5年間であるため投資額の上限は600万円です。

    それに対してつみたてNISAであれば、投資額の上限は年間40万円までであるため毎月約3万円ほどで済みます。さらに期間は最大で20年間と長いため、年間の投資額は小さくても合計額は800万円と大きくなります。

    少額・分散・長期投資できるため、リスクが小さく着実に資金を運用できるでしょう。
    NISAを始めるためにはまずは口座開設
    楽天証券
    • 楽天証券の投資信託は、2,661銘柄と豊富
    • 取引手数料の1%分の楽天ポイントがたまる
    • 「マネーブリッチ」に申し込むと楽天銀行をお得に利用できる
    • 楽天証券アプリ「iSPEED(アイスピード)」の機能が充実
    楽天証券の基本情報
    株式手数料(現物)
    • 5万円まで 55円
    • 10万円まで 99円
    • 20万円まで 115円
    • 50万円まで 275円
    • 100万円まで 535円
    • 150万円まで 640円
    • 3,000万円まで 1,013円
    • 3,000万円超 1,070円
      株式手数料(信用)
      • 10万円まで 99円
      • 20万円まで 148円
      • 50万円まで 198円
      • 50万円超 385円
      取扱い商品

      国内株式

      海外株式・ETF

      投資信託

      楽ラップ

      債権

      先物・オプション

      楽天FX

      外国為替

      保険

      出典:楽天証券

      iDeCoも選択肢に入れよう!

      iDeCo

      iDeCoは毎月掛け金を積み立てて運用し、60歳以降に備える年金制度です。最大の特徴は、掛け金が全額所得控除の対象になるため、節税メリットが大きいことです。

      つまり、老後の資金を着実に備えることができ、所得税・住民税の負担を減らす効果があるのです。

      運用期間は投資額や運用する金融商品を自由に変えられますが、原則として60歳になるまで資産を引き出すことはできません。

       

      iDeCoの注意点

      iDeCoは、国民年金の加入区分によって毎月の積み立て金額の上限が決まる点も注意点です。

       例えば、公務員は月額1万2,000円が上限であり、勤め先に企業年金がない会社員の上限は月額2万3,000円になります。

      最も上限額が大きいのは自営業であり、月額6万8,000円です。iDeCoも少額から始められ、リスクが小さいため老後の備えとしておすすめです。

      資産運用を行うメリットを解説

      PCの画像

      資産運用を行うメリット
      • 将来の資産形成に最適
      • 不労所得を得られる
      • 金融に関する知識が増える

      資産運用は怪しいとイメージしている人もいると思いますが、資産運用をしている人は確実に増えています。

      実際、SBI証券や楽天証券などの有名なネット証券は、口座開設数を年々増やしています。

      資産運用にはさまざまなメリットがあるため、始めることをおすすめします。
      ここでは資産形成を始めるメリットについて詳しくみていきましょう。

      将来の資産形成に最適

      1つ目が将来の資産形成に最適なことです。

      実際、すでに投資をしている方の多くが老後資金などの資産形成が目的ではないでしょうか。
      資産運用は投資商品によっては元本に加え、運用益に対する利益を得られます。これにより、資産を大きく増やすことが可能です。
      投資期間が長くなればなるほど運用益が大きくなるため、老後の資産形成には最適です。
      商品によっては運用期間が数十年単位になるものもありますが、期間が長くなればなるほど、大きなリターンが見込めます。
       資産運用のなかには月500円から始められるものがあり、若いうちから始めれば老後資金に余裕がもてます。
      将来の資産形成には現金預金だけではなく、資産形成を併用するのもおすすめです。

      不労所得を得られる

      2つ目が不労所得を得られることです。

      不労所得は働かなくともお金を手に入れられるため、理想であると語る方もいるでしょう。
      資産運用を続けることにより、働かなくとも資金を手に入れられます。運用資金が少ない場合に不労所得で生活しづつけるのは困難ですが、多くの資金があれば不労所得も可能です。
       不労所得に目がくらみ、生活費までを運用資金に回すのはNGです。
      不労所得を実現するまでには時間と資金が必要ですが、実現自体は可能です。

      金融に関する知識が増える

      3つ目が金融に関する知識が増えることです。

      金融=難しいイメージがある方も多いでしょう。
      しかし、現在は金融庁が資産運用をわかりやすく説明していたり、各企業も多くの人が資産運用を始められるよう、メディアを作成しています。
      最初は難しいと思うかもしれませんが、わかりやすいメディアから勉強をすれば、金融に対するイメージも変わるでしょう。
       お金は生きていくうえで一生付き合うものであるため、知識が増えることによりさまざまなメリットを得られるはずです。

      【資産運用初心者向け】金融商品・投資先のおすすめの選び方

      Titan HuntersでNFT化する方法

      金融商品・投資先のおすすめの選び方
      • リスクとリターン
      • 運用期間
      • 手数料の有無

      すべての初心者の方が抱える悩みといっても過言ではないのが、どの金融商品を選べばよいのかわからないというものです。

      投資と聞くとそれだけで警戒する人も多く、さらに商品を選ぶとなると怖いと感じる方も多いでしょう。
      そこでここではおすすめの選び方について紹介します。
      どの商品を選べばよいのかわからない方でも、これから紹介するポイントを抑えることにより上手に選べるようになります。

      リスクとリターン

      1つ目がリスクとリターンで選ぶ方法です。

      ローリスク・ローリターン、ハイリスク・ハイリターンなどで用いられる単語のことです。
      短期間で資産を大きく増やしたい場合は、ハイリスク・ハイリターンな商品がおすすめです。しかし、ハイリターンであるため、損失した場合の額も大きいものとなります。
      一方のローリスク・ローリターンはある程度のリターンを得るまでに時間がかかるものの、リスクが低く損失した場合でも小さな額で抑えられます。
       初心者の場合はローリスクで損失額が小さい商品がおすすめです。
      損失額やリスクを心配する方はローリスク・ローリターンの商品が適しています。

      運用期間

      2つ目が運用期間で選ぶ方法です。

      投資は数時間で行うものと、長期的に行うものに分けられます。
      例えばFXは1日から数週間での短期的な取引に対して、投資信託の場合は数十年後に売却と中長期的です。
      運用期間が短期的である場合は、少ない資金でより大きな利益を得られる可能性があります。しかしその分、取引の手間がかかり、情報収集にも時間がかかります。
      一方の長期的な取引の場合は、短期的な価格変動に左右されにくく、設定をすれば後は自動で投資をしてくれるものです。
       初心者の場合は手軽にできる、数年単位で取引をして資産を形成する長期的な資産運用がおすすめです。
      どちらもメリット・デメリットはあるため、自身のライフスタイルや運用期間で選んでいきましょう。

      手数料の有無

      3つ目が手数料の有無です。

      手数料が少ないほうが、得られる利益は大きくなります。
      投資信託の場合では信託報酬や購入時手数料など、さまざまな手数料がかかります。手数料が少ないほうが得られる利益は多くなるため、手数料の有無はとても重要です。
      なかには買付手数料が無料であるネット証券もあるため、そちらを選ぶことをおすすめします。
       ネット証券の場合は銘柄によっては手数料が無料となっており、銘柄も多くおすすめです。

      資産運用を始めるには証券口座が必要!

      資産運用を始める方法

      初心者が資産運用を始める場合、まずは金融商品を購入するための証券口座が必要です。どの証券会社の口座でも問題ありませんが、会社によって特徴が異なるので注意しましょう。

      例えば、証券会社によってポイント投資に利用できるポイントの種類や、取り扱い商品・銘柄などに違いがあります。ここまで紹介した種類の中でも、それぞれの商品で銘柄や手数料が異なるので要注意です。

      現在では、スマホアプリで運用状況を簡単にチェックできるので便利です。投資している銘柄に関するニュースが報道されると、連動して価値が変わる可能性があります。

      そのようなときに運用方法を見直してみると良いでしょう。

      初心者におすすめの証券会社3選

      LINE証券

      line証券

      LINE証券のおすすめポイント
      • 取引手数料が低いため、費用を抑えて投資を始められる
      • LINE関連のサービスと連携でき、LINEポイントやLINE Payが使える
      • アプリで取引でき、シンプルなので使いやすい

      LINE証券は、スマホのLINEアプリを使って資産運用をできるのが特徴です。使用するツールはシンプルなデザインであり、直観的に操作できます。

       表示されている文字は見やすく、複雑な操作も必要ないため安心して資産運用を行えるでしょう。

      株式投資であれば1株数百円から取引方法を選べるなど、少額投資にも対応しています。さらに、手数料は業界最低水準であるため初心者でも始めやすいのも魅力です。

      他にも、投資に関するニュースなど、さまざまな情報をLINEで送ってくれるため情報収集も捗ります。

      さらにタイムセールなどお得な情報や、キャンペーンが多いことも大きな特徴です。
      最大4,000円相当もらえる! LINE証券
      無料口座開設はこちら
      取り扱い商品
      • 国内株式
      • IPO
      • 投資信託
      • つみたてNISA
      • iDeCo
      • FX など
      取引手数料
      • 5万円まで:55円(税込)
      • 10万円まで:99円(税込)
      • 20万円まで:115円(税込)
      • 50万円まで:275円(税込)
      • 100万円まで:535円(税込)
      • 150万円まで:640円(税込)
      • 3,000万円まで:1,013円(税込)
      • 3,000万円超:1,070円(税込)
      PC取引ツール
      スマホ・タブレット取引ツール LINEアプリ
      最短口座開設 最短翌営業日

       

      最大4,000円相当もらえる! LINE証券
      無料口座開設はこちら

      出典:LINE証券

      楽天証券

      楽天証券

      楽天証券のおすすめポイント
      • 投資未経験の方の割合は75%であり、サポート体制も充実している
      • 取り扱い金融商品が多いため、希望する資産運用を叶えやすい
      • 楽天ポイントを使って投資できるため、余ったポイントを有効活用できる

      楽天証券は、総合口座の開設実績が2021年12月時点で700万口座もあります。さらに投資未経験の方の割合は全体の75%であり、初心者が多いためサポート体制も充実しています。

       取り扱い金融商品の数が多く、投資信託・NISA・iDeCoなどに対応しており、自分の好きな運用方法を選べるでしょう。

      さらに、資産運用で楽天ポイントが貯まり、貯まった楽天ポイントで金融商品を購入できます。楽天関連のサービスでポイントが貯まっている人は、ポイント投資で気軽に資産運用を始められます。

      サービス全体が充実しているため、初心者でも安心して利用できるのが魅力です。
      低コストで投資が可能! 楽天証券
      無料口座開設はこちら
      取り扱い商品
      • 国内株式
      • 外国株式
      • 投資信託
      • NISA・つみたてNISA
      • FX
      • iDeCo
      • 金・プラチナ
      • CFD など
      取引手数料
      • 5万円まで:55円(税込)
      • 10万円まで:99円(税込)
      • 20万円まで:115円(税込)
      • 50万円まで:275円(税込)
      • 100万円まで:535円(税込)
      • 150万円まで:640円(税込)
      • 3,000万円まで:1,013円(税込)
      • 3,000万円超:1,070円(税込)
      PC取引ツール
      • マーケットスピードⅡ
      • マーケットスピード
      • マーケットスピードFX
      スマホ・タブレット取引ツール
      • マーケットスピードⅡ
      • iSPEED
      • iSPEED for iPad
      • iSPEED FX
      • iSPEED 先物OP
      最短口座開設 2営業日

       

      低コストで投資が可能! 楽天証券
      無料口座開設はこちら

      出典:楽天証券

      SBI証券

      SBI証券

      SBI証券のおすすめポイント
      • 1日の約定代金100万円までなら手数料がかからないプランがある
      • Tポイントを利用して投資を始められる
      • 投信積立にクレジットカードを利用でき、ポイントが貯まるのでお得

      SBI証券は顧客数が多く満足度が高い証券会社であり、初心者向けのプランやサービスを用意しているのが魅力です。

       例えば、アクティブプランは1日の約定代金の合計が100万円以内であれば、手数料が無料になります。

      他にも、資産運用の内容などに応じてTポイントやPontaポイントが貯まります。貯まったポイントは投資に利用できるのも大きなメリットといえるでしょう。

      投信積立に関しては、クレジットカード決済で購入できます。そのときの金額に応じて、クレジットカードのポイントも貯まるのでお得です。

      確定申告の案内など、細かいところまでサービスが行き届いています。
      国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
      無料口座開設はこちら
      取り扱い商品
      • 国内株式
      • 外国株式・海外ETF
      • 投資信託
      • 債券
      • FX
      • NISA
      • iDeCo
      • CFD など
      取引手数料
      • 5万円まで:55円(税込)
      • 10万円まで:99円(税込)
      • 20万円まで:115円(税込)
      • 50万円まで:275円(税込)
      • 100万円まで:535円(税込)
      • 150万円まで:640円(税込)
      • 3,000万円まで:1,013円(税込)
      • 3,000万円超:1,070円(税込)
      PC取引ツール
      • HYPER SBI 2
      • HYPER SBI
      スマホ・タブレット取引ツール
      • SBI証券 株 アプリ
      • 国内株式向けスマートフォンサイト
      • かんたん積立 アプリ
      • 投資信託向けスマートフォンサイト
      • SBI証券 米国株 アプリ など
      最短口座開設 翌営業日

       

      国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
      無料口座開設はこちら

      出典:SBI証券

      初心者が資産運用のリスクを減らすポイント

      リスクを減らすポイント

      初心者が資産運用のリスクを減らすためには、「少額投資」「長期投資」「分散投資」の3つを意識することが大切です。

      資産運用では金額が大きくなればなるほど、損失も大きくなりやすいですが、積み立てなどの場合は毎月の負担も増えてしまいます。

       適切に資産運用するためには知識・経験が求められるため、リスクを抑えて実践することが大切です。そのためにも、少額投資から始めると良いでしょう。

      投資期間を長くする「長期投資」もリスクを軽減する有効な方法です。一時的に価格が下がったとしても、10年単位の長い目で見れば価格は上がることもあり、長く保有するほどリスクは小さくなるといわれています。

      また、複数の投資先を持つ「分散投資」も安定した利益を得やすいです。投資先が1つの場合、価格が上がったときの利益は大きいですが、同時に暴落したときの損失も大きいです。

      そこで、投資先を複数設けることで、1つの投資先が暴落しても他の投資先でカバーでき、リスクも分散できます。

      このように、初心者は少額・長期・分散の3つのポイントを意識して、資産運用を始めるのがおすすめです。

      最大4,000円相当もらえる! LINE証券
      無料口座開設はこちら

      初心者が資産投資を始める際の注意点

      注意点

      初心者が資産投資をする際は、注意点を知らなければなりません。注意点を知らずに資産投資をすると、失敗する可能性が高くなってしまうからです。

      失敗しないために知っておきたい、具体的に注意したい点は次の3つです。

      初心者が資産投資を始める際の注意点
      • 資産運用について勉強する
      • 資産運用に回せるお金を把握する
      • 資産運用のリスクを頭に入れておく

        あらかじめ注意点を知っておくことで、損するリスクを下げることができますよ。

        それぞれの注意点をみてみましょう。

        最大4,000円相当もらえる! LINE証券
        無料口座開設はこちら

        資産運用について勉強する

        1つ目が資産運用について勉強することです。当然ですが、資産運用は知識なしに成功はできません。ただ預ければ資産が増えていくものではないのです。

         資産運用をする前には、資産運用のリスクやメリットとデメリット、基礎的な知識を身につけて理解してから始めましょう。

        資産運用は成功すれば自動で収入を増やせますが、失敗すればマイナスにもなります。

        投資で資産を増やすためには、投資についての基礎知識が必須です。
        最大4,000円相当もらえる! LINE証券
        無料口座開設はこちら

        資産運用に回せるお金を把握する

        2つ目が資産運用に回せるお金を把握することです。資産運用をする際、資産を増やすために生活費を切り詰めて投資する方もいるでしょう。

        資産運用のために無理して生活費を切り詰めても、生活に影響が出てしまい、投資を続けることが難しくなってしまいます。

         しかし資産運用で大事なのは、無理せず投資を続けることです。

        さらにそれだけではなく、投資は長期間行なってプラスが期待できます。そのため、生活に影響しない資金を把握することが重要です。

        資産運用に着目しすぎて、生活が苦しくならないようにしましょう。

        資産運用のリスクを頭に入れておく

        3つ目が資産運用のリスクを頭に入れておくことです。

        先にいったように、資産運用はリスクがつきものです。資産運用をしたからといって、確実に利益を得られるとは限りません。

         資産運用にはリスクが付きものですが、勉強することによって損失のリスクを下げることができます。

        マイナスになることも当然のようにあります。それらを理解しながら、資産運用をしていかなければなりません。

        資産運用は必ず成功するものではないことを、頭に入れておきましょう。
        最大4,000円相当もらえる! LINE証券
        無料口座開設はこちら

        よくある質問

        資産運用は本当に得する?

        資産運用は長期的に続けるほど利益を得られる可能性が高くなり、短期的であれば損をする可能性が高くなります。

        短期的に資産を増やしたい方には向かないものの、老後の資金などの投資期間が長いものには、資産を増やす手段として効果を発揮します。実際、老後の資金として資産運用をしている方は増えています。

        貯蓄よりも投資のほうが効果がある?

        結論からいうと、大きな資産を期待する場合は投資のほうが効果があります。貯蓄は安全かつ確実に資産を貯めていくことができますが、大きく資産を増やすことは難しいものです。なぜなら、普通預金や定期預金に預けたとしても金利は低いからです。しかし、貯蓄が悪いわけではありません。貯蓄が効果的なのは、近い将来に確実にお金を必要とする場合です。資産運用はマイナスになることもあるため、おおよその資金が定まっている場合は定期預金で積み立てていくのが確実です。例えば老後資金など、厳密ではない資金になどです。老後資金であれば投資期間が長く取れるため、資産の増加に大きな期待ができます。投資・貯蓄のどちらを行うにしても、家計の状況に合わせて、負担がないようにしましょう。

        20代からの資産運用は早い?

        20〜30代でも資産運用をする方は増えており、早くはありません。投資は投資期間が長いほどプラスを見込めます。投資を早めに始めれば、老後資金にとても余裕が持てるはずです。20代はまだまだお金についての悩みが尽きない時期でもありますが、生活に影響を与えない程度の投資だけでも将来的に大きなリターンを得られるはずです。
        最低いくらから資産運用できる?
        資産運用額は証券によって異なりますが、ネット証券であれば数百円から数千円から始められる投資もあります。もしも投資に回すお金がなくなったとしても、途中で積立を休止したり解約したりすることも可能です。小さな節約を心がけることで、資産運用も無理なく続けられるはずです。
        つみたてをしたいもののお金が足りない場合はどうしたらいい?
        貯蓄や投資の基本は、給料が出たら先に確保して貯蓄しておくことです。そして余ったお金で生活をしていきます。しかし、生活費の把握が出来ていない方は帳簿をつけることから始めましょう。帳簿をつけることで毎月の無駄遣いや支出を見直すことができ、だいたいの必要な生活費が分かるはずです。帳簿をつけて大体の生活費がわかったら、給料が出た時点で資産運用に回しましょう。
        資産運用をするにあたってネットで口座開設はできる?
        資産運用をするための座はネットで開設できます。メールアドレスと本人確認書類を用意しましょう。ネット証券によっては最短1日で開設できます。そのため、気軽に始られるでしょう。
        資産運用の途中に資金を用意するのが難しくなったらどうすればいい?
        資産運用が難しくなった場合は、途中で休止したり辞めたいすることが可能です。そのため、万が一お金が厳しくなったとしても心配することはありません。しかし投資は長く続けて効果が出るものですから、なるべく無理のない範囲で投資し続けることを意識しましょう。

        まとめ

        この記事では、初心者向けのおすすめ資産運用を解説しました。資産運用の方法にはいくつか種類がありますが、初心者はリスクが小さいものを選ぶのがおすすめです。

        資産運用の方法を選ぶときは、少額・長期・分散の3つのポイントを意識すると、リスクを抑えられます。

        特に国が定めている非課税制度であるNISAやiDeCoは、運用利益が発生しても税金が発生しません。

        まずは、資産運用の特徴について知り、自分に合った方法を試してみてください。
        最大4,000円相当もらえる! LINE証券
        無料口座開設はこちら
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
        ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
        ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
        おすすめの記事