初心者におすすめの株式投資は?少額投資ができる証券会社を紹介

将来に備えて投資を始めてみたいという方も増えています。

しかし、いざ始めようと思っても、何から初めてよいかわからない、どうやって株を選べばよいかわからない、リスクを極力避けたいという方もいることでしょう。

リスクを抑えた投資であれば導入しやすいですよね。そこで今回はビギナーにおすすめの株式投資「少額投資方法」について紹介します。

これから株式投資を始めたい方にぴったりです。

株初心者になぜおすすめ?株式投資「少額投資方法」とは?

税金のシミュレーション

「投資」と聞くと、リスクがつきものでなかなか手を出せないという人も多いことでしょう。ですが、大金を使わなければリスクは抑えられます

 少額投資とは、1万円〜10万円ほどの金額から始められる投資方法です。

低予算で投資を始められるため、リスクを抑えて投資しながら知識を身につけることができ、ビギナーにおすすめの投資方法です。

リスクがあって怖いと感じる方は、まずはリスクが低い投資からスタートし、投資に慣れることが大切です。

少額投資のメリット・デメリットは?

少額投資のメリットとデメリットは以下が挙げられます。

メリット デメリット
  • 数万円から投資ができる
  • リスクが小さい
  • 投資の知識が身につく
  • 投資額が小さいため、利益が出ても少ない
  • 投資商品が限られる
株式の金額が小さいものに投資するため、リターンも必然的に小さくなります。

初心者にとってまずは株取引の知識を身につけることが優先です。

少額投資方法① 安い&成長しそうな銘柄に投資する

株 取引

企業の株を買う「現物株式取引」で投資をする方法です。

 通常、株取引は100株単位(単元株)で行います。

株価が1万円を超えると、100万円以上の投資額が必要ですが、中には1株あたり1,000円も満たない株式もあります。そういった安くて成長しそうな銘柄を探しましょう。

少額投資に適した証券会社は、後ほど紹介します。

少額投資方法②1株から買えるミニ株・単元未満株を買う

調べる

現物株式取引でも触れましたが、通常の株取引は100株単位で購入します。ですが、1株から買える「ミニ株(単元未満株)」というのがあります。

 証券会社のサービスで、ミニ株・単元未満株での取り扱いを提供しています。

ミニ株は「株式ミニ投資」とも呼ばれ、証券会社によって取り扱いが異なります。メリット・デメリットは以下が挙げられます。

メリット デメリット
  • 数千円から株が買える
  • 株価が下がっても損失額が少ないためリスクが低い
  • 株数に応じた配当が受けられる
  • 通常の株式売買より手数料が割高になりやすい
  • 投資額が小さいため、利益が出ても小さい
  • 基本的に株主優待はない

数百円〜数千円といった低予算で投資ができるため、気軽にトライすることができますね。

少額投資方法③投資信託をコツコツ積み立てる(積立投資)

資産運用と葉っぱのイメージ

積立投資とは、毎月一定の額で投資信託を購入する手法です。

投資信託とは?

投資信託は、別名ファンドとも呼ばれ、投資家から集めた資金をプロのファンドマネージャーが代わりに運用する商品のことをいいます。

積立投資のメリット・デメリットは以下が挙げられます。

メリット デメリット
  • 分散投資ができる
  • 少額から始められる
  • リスクを抑えられる
  • 取引手数料の他に信託報酬と呼ばれる手数料が発生する
  • 狙ったタイミングで約定しづらい
投資するだけのまとまったお金がない、いつ買ったらよいかタイミングがつかめない、そんな方にも始めやすい投資スタイルです。
積立投資は一定の金額で買うため、株式が高い時は少なく、安い時は多く買うことができます。

そのため、平均購入単価を抑えることができます。

少額投資方法④1株から買える外国株を買う

並べたドル紙幣

日本株は単元株制度があるため100株から買うのが一般ですが、外国株はそういった制度がないため1株から購入できます。

アメリカの有名企業でも、1株1万円程度から保有できるため、候補に入れるのも良いでしょう。

外国株も買える証券会社を選ぶと良いでしょう。

証券会社の選び方

都会のイメージ

少額投資を始めるには、証券会社での口座開設が必須です。現物株式取引、単元未満株、積立投資、外国株の取り扱いがある証券会社を選ぶのがおすすめです。ポイントは以下が挙げられます。

選ぶポイント
  1. 東証一部以外の、東証二部、マザーズ、名古屋、札幌、福岡などの地方取引所の銘柄を扱っている
  2. 「投資額10万円以下」という項目で検索できる
  3. 手数料が安い
  4. NISA(ニーサ)が利用できる

東証1部以外の取引所の銘柄を扱っている

東証マーケットセンター

株式は証券取引所で売買されます。日本には以下の4つの証券取引所があります。

日本の株式市場
  • 東京証券取引所(東証)
  • 名古屋証券取引所(名証)
  • 札幌証券取引所(札証)
  • 福岡証券取引所(福証)

さらに市場がわかれており、東証であれば、東証一部、東証二部、マザーズがあります。東証一部は、日本でも最も審査が厳しく、社会評価が高い市場で、国内外を代表する大企業が集まっています。

 東証は世界3大証券取引所のひとつでも有名です。

東証一部は国内外の投資家が売買する人気銘柄が多いため、10万円以下の投資額で今後上がりそうな銘柄を探すのはなかなか厳しいのが現実です。

そこで、東証二部やマザーズ、名古屋や札幌、福岡など地方取引所の銘柄を扱っている証券会社を選び、これから上がりそうな銘柄を選ぶのがポイントとなります。

「投資額10万円以下」という項目で検索できる

証券会社のプラットフォームでは、銘柄を検索するスキームがあります。少額投資の場合、以下の検索ができるかどうかチェックします。

検索機能
  • 「10万円以下で買える銘柄」を検索できる
  • 銘柄一覧に「投資金額」の項目がある

何百・何千という銘柄の中から探すためには、これらの項目で検索できるかがポイントです。

手数料が安い

手数料と書かれた積み木

基本的に、株式の購入・売却ごとに手数料が発生します。手数料は証券会社によって手数料は異なります。

 中には少額投資向けの手数料設定がある証券会社もありますので、手数料が安いところを選びましょう。

株式購入・売却時に税金はかかる?

株式は購入時に税金はかかりません。ですが、売却時に利益が出た場合は税金がかかります

税金対策は次で紹介するNISAをチェックしましょう。

NISA(ニーサ)が利用できる

NISA(ニーサ)とは、少額投資非課税制度で、日本における株式や投資信託における利益の税率を一定の制限の元で非課税にする制度です。

 通常、投資で得た利益や配当には約20%の税金がかかります。

NISAが利用できる証券会社であれば、期間や対象金額の制限はありますが、以下に該当する範囲であれば税金がかかりません。

NISAのタイプ 期間 非課税期間 概要
一般NISA 2014年~2023年 5年 一般の株式や投資信託向け(年120万円)
新しいNISA 2024年~2028年 5年 積み立て(年20万円)+一般の株式や投資信託(年102万円)の2階建て
つみたてNISA 2018年~2042年 20年 投資信託などによる積み立て(年40万円)
ジュニアNISA 2016年~2023年 5年 19歳以下の子供を持つ親向け(年80万円)

少額投資にはNISA(ニーサ)など、非課税口座を活用するのがおすすめです。

少額投資におすすめの証券会社4選

SBI証券

SBI証券

おすすめポイント
  • 取り扱い商品が豊富
  • 国内株式取引シェアNo.1※1
  • 少ない予算で買える銘柄が多い
  • 投資額10万円以下」で検索できる
  • 手数料が安い
  • NISAが利用できる
  • 米国株の取引も可能

SBI証券は、少額投資で押さえるべきポイントを全てクリアする証券会社です。

取り扱い商品も豊富で、個人の国内株式取引シェアはナンバーワンを誇っています。※1

 現物手数料は1日定額制で100万円まで0円です。

さらに、口座管理手数料や標準サービスのSOR注文、PTS取引の利用も無料です。

最短5分で申込みフォームの入力が完了します。

SBI証券は初心者を脱却した後も幅広い投資を行えるため、総合的におすすめです。
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら
名称 SBI証券
取扱い商品
  • 投資信託:約2,626銘柄
  • 積み立てNISA:約175銘柄
  • 外国株:約9カ国(約6,785銘柄)
  • 海外ETF:約365銘柄
  • IPO銘柄:約80社
手数料

スタンダードプラン

  • 5万円/55円
  • 10万円/99円
  • 20万円/115円
  • 50万円/275円
  • 100万円/535円
  • 150万円/640円
  • 3,000万円/1,013円
  • 3,000万円以上/1,070円
NISA/積み立てNISA
IPO実績
アプリ 株アプリ
最短口座開設 翌営業日
出典:SBI証券公式サイト
※1 2022年3月期 第1四半期 (2021年4月~6月)の委託個人売買代金シェアです。(出所:東証統計資料、各社WEBサイトの公表資料より当社集計、各社委託個人売買代金÷{株式委託個人売買代金(二市場1,2部等)+ETF/REIT売買代金}にて算出)公式サイトより
※ SBIグループとは、SBI証券、SBIネオモバイル証券、SBIネオトレード証券を指します。2021年12月時点SBI証券公表
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

楽天証券

楽天証券

おすすめポイント
  • 投信積立を楽天カードで決済すると、決済額100円につき1ポイント付与される
  • 貯まった楽天ポイントで、投資信託の買付が可能
  • 少ない資金でも買える銘柄が多い
  • 投資額10万円以下」で検索できる
  • 業界最低水準の手数料が取引できる※公式サイト
  • NISAが利用できる
  • 米国株の取引も可能

中でも積立投資を始めたい方におすすめなのが楽天証券です。つみたてNISAでカード決済を利用すれば、楽天ポイントも付与され大きなキャッシュバックとなります。

少ない資金でも購入できる銘柄が豊富なうえに、「投資額10万円以下」で検索できるので、少額投資ができため、株式投資初心者の方や高額投資をしない方にぴったりです。

 一般NISA・つみたてNISAで税制優遇を受けながら投資ができるのも特徴的で、投資で得た利益に税金がかからないのいは嬉しいです。

さらに、業界最低水準の手数料での取引ができるため、コストを抑えて株式投資を始めることができます。

多機能トレーディングツールも使いやすく、スマホアプリで投資環境を整えることができる点も魅力的です。

毎月1日に自動で積立されるので、初心者の方や忙しい方にとっては手間がかからずおすすめです。

低コストで投資が可能! 楽天証券
無料口座開設はこちら

名称 楽天証券
取扱い商品
  • 投資信託:約2,597銘柄
  • 積み立てNISA:約172銘柄
  • 外国株:3カ国(約5,970銘柄)
  • 米国株ETF:約322銘柄
  • IPO銘柄:約38社
手数料 国内株式(現物取引)①超割コース

  • 5万円まで55円
  • 10万円まで99円
  • 50万円まで275円
  • 100万円まで535円
  • 3,000万円まで1,013円
  • 3,000万円超え1,070円

国内株式(現物取引)②いちにち定額コース

  • 100万円まで0円
  • 200万円まで2,200円
  • 300万円まで3,300円

以降100万円ごとに+1,100円(税込)

国内株式(信用取引)①超割コース

  • 10万円まで/99円
  • 20万円まで/148円
  • 50万円まで/198円
  • 50万超/385円

国内株式(信用取引)②いちにち定額コース

  • 100万円まで/0円
  • 200万円まで/2,200円
  • 300万円まで/3,300円

以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)

その他(外国株、夜間取引・IPO・投資信託)のコースごとの手数料は公式サイトをご確認ください。

NISA/積み立てNISA
IPO実績
アプリ iSPEED
最短口座開設 2営業日

松井証券

松井証券

おすすめポイント
  • 25歳以下は売買金額にかかわらず取引手数料が無料
  • 入出金・入手庫手数料が無料
  • 松井証券ポイントはAmazonギフト券をはじめ3000以上の商品と交換可能
  • 投資額10万円以下」で検索できる
  • 手数料が安い
  • NISAが利用できる
  • 米国株の取引も可能

松井証券は、最低購入金額100円から、1円単位で追加できるため、少額投資に向いている証券会社です。

松井証券ポイントはさまざまなポイント・商品と交換でき、1ポイント=1円として投資信託の積立にも使えます。

 対象の投資信託を保有していると毎月現金もしくはポイントが還元されるため、お得感も得られます。

投資購入時手数料、FX手数料、株式手数料1日50万円まで0円で利用できるため、気軽に資産形成を始めやすい環境が整っています。

ニュースの市況を確認から、銘柄検索・発注まで完結できるオリジナルの株アプリで手軽に投資できるのもメリットです。

コールセンターが7:00〜24:00まで対応しており、問い合わせがしやすいです。

50万円まで株式手数料0円! 松井証券
無料で口座開設してみる

名称 松井証券
取扱商品
  • 投資信託:約1,506銘柄
  • 積み立てNISA:約170銘柄
  • IPO:約18社
手数料

※インターネット経由の手数料です。
※一日信用取引、NISA口座・ジュニアNISAでのお取引、単元未満株の売却、立会外分売での買付、電話でのお取引は、別の手数料体系です。
※3 26歳になる月の最終営業日取引分まで手数料無料です。最終営業日のPTS(ナイトタイム・セッション)のお取引は対象外です。

株式手数料(26歳以上)

  • 1日50万円まで無料
  • 100万円まで/1,100円(税込)
  • 200万円まで/2,200円(税込)

100万円増えるごとに+1,000円加算

株式手数料(25歳以下・未成年を含む)

  • 無料

投資購入時手数料・FX手数料

  • 無料

NISA/積み立てNISA

IPO実績
アプリ 株アプリ
最短口座開設 3営業日
50万円まで株式手数料0円! 松井証券
無料で口座開設してみる

LINE証券

line証券

おすすめポイント
  • LINEアプリのウォレットからすぐにライン証券へ移動し検索や取引が可能
  • 1株から取引できる「いちかぶ」というサービスがある
  • 業界最低水準の手数料※公式サイト
  • LINE Pay・LINEポイントに対応
  • つみたてNISA対応
  • キャンペーンやタイムセールが魅力的

2019年8月から開始したLINE証券は、スマホで簡単に取引ができる「スマホ証券」と呼ばれる新たなネット証券のひとつです。

スマホで取引でき、ラインアプリに登録さえしてあれば気軽に始められるのが特徴です。

 これまで紹介した証券会社と比較すると購入できる金融商品は少ないです。

1株数百円から投資できる「いちかぶ」や少ない資金で大きく投資できる「信用取引」100株単位で本格株取引ができる「現物取引」の3つの取引方法から投資を始められます。

LINE Pay・LINEポイントに対応しているので、LINE Payを利用すると、手数料無料で簡単に出入金を行うことができます

キャンペーンに参加すると最大4,000円相当がもらえるチャンスがありますよ。

最大4,000円相当もらえる! LINE証券
無料口座開設はこちら

名称

LINE証券
取扱商品
  • 投資信託:約30銘柄
  • 積み立てNISA:約28銘柄
  • 外国株:米国株
  • CFD:約130銘柄
  • IPO:約11社
手数料
  • 信用取引売買手数料無料
  • 投資信託購入手数料無料
  • IPOの購入手数料無料

現物取引

  • 5万円/55円
  • 10万円/99円
  • 20万円/115円
  • 50万円/275円
  • 100万円/535円
  • 150万円/640円
  • 3,000万円/1,013円
  • 3,000万円超/1,070円

いちかぶ(単元未満株)

  • 基本無料(ただし、LINE証券が提示する価格は基準価格に取引コストとして、スプレッドを乗せる方式となっています。)
NISA/積み立てNISA NISAのみ〇
IPO実績
アプリ LINE証券
最短口座開設 最短翌営業日

出典:LINE証券公式サイト
※2022年1月時点

最大4,000円相当もらえる! LINE証券
無料口座開設はこちら

少額から始めたい投資初心者はまず何をすべき?

税金の計算

少額から始めたい投資初心者はまず次の3つから取り組みましょう。

少額から始めたい投資初心者がするべきこと
  • 資金の確保
  • 家計の見直し
  • つみたてNISA

クレジットカードはコツを抑えることで、より安全にお得に使えます。

ここではクレジットカード活用のコツについて押さえていきましょう。

資金の確保

1つ目が資金の確保です。

投資に対して怖いという感情は、最初ならば誰もが持っているのではないでしょうか。
資金を確保しておくこと投資に集中できるようになります。 なぜなら万が一マイナスになったとしても、資金があるため大丈夫と心の余裕を持ちやすくなるからです。
ギリギリの資金ではマイナスが出た際に売却を早めてしまったり、正常な判断ができなくなったりします。
 少額投資であればそれほどの損失額にはなりませんが、資金があると余裕を持って取引できます。
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

家計の見直し

2つ目が家計の見直しです。

先に述べた資金の確保は家計の見直しが重要です。
家計の見直しができていなければ投資のための資金は生まれず継続的にするのは難しいでしょう。 投資額を増やしたい人も同様にまずは家計の見直しをする必要があります。
食費が多すぎたりしないか、日用品を買いすぎたりしていないか確認して、無駄な出費は減らしましょう。
  無駄な出費を減らして投資に回せば、それだけ資産も増えます。
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

つみたてNISA

3つ目がつみたてNISAです。

つみたてNISAは100円からはじめられます。
つみたてNISAは100円と小額から始めることができ、銘柄によってはとても低い損失リスクで投資ができます。すぐに収益は出ず長期的に取り組む必要がありますが、少額投資はじめての投資にはとてもおすすめです。
  つみたてNISAで得た利益は最長20年間非課税と、資産形成にも最適です。
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

少額投資のメリット

マンション経営の資金計画を立てる

少額投資のメリットは次の3です。

少額投資のメリット
  • 数百円から投資ができる
  • 損失額を抑えられる
  • 投資の知識を身につけられる

少額投資はさまざまなメリットがあります。

それぞれのメリットをみていきましょう。

数百円から投資ができる

1つ目が数百円から投資ができることです。

初めから多くの資金では損失したときが怖いでしょう。
数百円から数万円あれば投資ができるため、まとまった資金がない人でもすぐに始められます。少額であればリターンは小さいものの、まずはやってみたいという方に最適です。
余剰資金で問題なく初められる取り組みやすさが、少額投資の魅力です。
 大きなリターンを望む方には適しませんが、少額投資は投資への第一歩としておすすめです。
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

損失額を抑えられる

2つ目が損失リスクを抑えられることです。

株をしない多くの理由が損失ではないでしょうか。
少額のマイナス10%と、大金のマイナス10%は同じマイナス10%でも損失額が大きく異なります。株=リターンがとても大きく、損失もとても大きいイメージの方もいるでしょう。
しかし、少額投資ならば万単位のマイナスではなく、ほとんどが数千円から数百円と損失額を抑えることが可能です。
  リスクを抑える人には少額投資が最適です。

投資の知識を身につけられる

3つ目が投資の知識を身につけられることです。

投資=難しいイメージの方も多いでしょう。
投資はネットで得られる情報もありますが、実際は自分でしてみないとわからないところも多くあります。
ネットでずっと勉強するよりも、実際に投資を行ったほうが得られる経験があります。少額投資であれば数百円から始められ、知識も身につくため初心者にとてもおすすめです。
 ネットからだけではなく、少額投資から投資の知識を身に着けていきましょう。
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

少額投資のデメリット

悩む男性

少額投資のデメリットは次の2つです。

少額投資のデメリット
  • 利益が小さい
  • 投資商品が限られる

リスクを抑えつつ投資ができるのが魅力的な少額投資ですが、実はデメリットもあります。

良い面だけではなくデメリットについても知っておきましょう。

利益が小さい

1つ目が利益が小さいことです。

投資で大きな利益を狙っている方も多いでしょう。
大金を投資すればそれだけ大きなリターンが見込めますが、少額投資であればリターンは小さいものです。そのため、短期間で資金を増やしたい方には向いていません。とはいえ、大きな利益はそれだけ損失額も大きいものです。
 初心者の場合は利益よりも損しないことを中心に行いましょう。

投資商品が限られる

2つ目が投資商品が限られることです

クレジットカードを何に使用したかわからない方も多いのではないでしょうか。
少額投資では自分が投資したい商品や銘柄が限られており、通常の投資に比べて制限がされています。すでに購入したい銘柄がある、特定の売買がしたい場合では少額投資が向かない可能性があります。
 少額投資の一つにミニ株がありますが、そちらも特定の時間での取引になり銘柄も限られています。

初心者が株式投資で気を付けるべきこと

注意点
  • リスクが高い集中投資はしない
  • 自己資金以上の取引はしない
  • 損切りする勇気を持つ

リスクが高い集中投資はしない

スマホで株価チャートを見る

投資スタイルには、1つの銘柄に集中する「集中投資」と、2つ以上の銘柄に投資する「分散投資」があります。

 集中投資はその株式が値上がれば大きくリターンを得られますが、損失が出るとリスクが高まります。

初心者は損をする可能性が高いため、自己資金を1つの銘柄に集中させるのではなく、分散投資をおすすめします

自己資金以上の取引はしない

スマホで残高を確認する

株式投資には「信用取引」という方法があります。

 信用取引とは、お金や株を担保に、証券会社からお金や株を借りて取引する方法です。

例えば、3倍まで借りて利益が出た際、3倍分の利益を受け取ることができますが、損失が発生すれば3倍の損失となります。自己資金以上の損失がでれば借金を抱えることになってしまいます。

投資に慣れていない初心者はリスクが大きいため避けましょう。
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

損切りする勇気を持つ

トレード初心者

損切りとは、損失が出ている状態で最小限に損失を留めるために、早い段階で株式を売却することです。別名ロスカットとも呼ばれています。

初心者は損失が出た際、「いつかは戻るだろう」と根拠なく考えてしまう傾向があります。

事前に損切りラインを決めておき、その金額になったら損切りするなどルールを設けるとブレずに済むでしょう。
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

株式投資に関するよくある質問

ビギナーにおすすめの投資方法とは?
1〜10万円ほどの低予算で投資でき、リスクを抑え、同時に株の知識もつけることができます。
どんな少額投資方法がある?
少額投資方法は主に、①1〜10万円以下の銘柄を買う②ミニ株・単元未満株を買う③積立投資をする④1株から買える外国株を買うの4つがあります。
証券会社の選び方は?
証券会社を選ぶポイントは以下が挙げられます。①東証二部やマザーズ、名古屋や札幌、福岡など地方取引所の銘柄を扱っている証券会社を選ぶ
他には②「投資額10万円以下」という検索項目がある③手数料が安い④NISAが利用できるなどがあります
少額投資に適している証券会社は?
総合的に考えて少額投資に向く証券会社はSBI証券です。取り扱い銘柄数も他の証券会社と比較しても圧倒的な数です。
NISAとは?
NISA(ニーサ)とは、少額投資非課税制度で、日本における株式や投資信託における利益の税率を一定の制限の元で非課税にする制度です。
少額投資を始めるならNISAなど、非課税口座を活用しましょう。
スマホ証券とは?
スマホでの取引に特化したネット証券で、代表的な証券はLINE証券が挙げられます。
1株単位で取引ができ、ラインからすぐに証券のページへ移動して取引することができます。
初心者が株式投資で気を付けるべきことは?
1.リスクが高い集中投資はしない2.自己資金以上の取引はしない3.損切りする勇気を持つ、などが挙げられます。

まとめ

以上、株式投資に興味があって、なかなか踏み出せないでいるビギナーにおすすめの「少額投資方法」について解説しました。

少額投資といっても、現物株式取引やミニ株、積立投資などさまざまあることがおわかりいただけたのではないでしょうか。興味が湧いた投資にあった証券会社を選んで、リスクを抑えた「少額投資」から始めてみてください。

自分に合った少額投資を見つけましょう。
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事