ステーブルコインの種類を解説!将来性・リスク・購入方法にも言及

暗号資産の中にはさまざまな種類がありますが、その中でも価格が安定している「ステーブルコイン」が注目されています。

一般的に暗号資産は価格の裏付けになるものがなく価格が急変動しやすいです。一方、ステーブルコインは担保になるものがあるため、価格が急変しにくいと言われています。

しかし、ステーブルコインにはメリットだけでなくリスクもあるため、実際に取引を行う前にしっかり知識を蓄えておく必要があります。そこで今回は、ステーブルコインの特徴や種類について解説します。

購入する際に必要な国内のおすすめ取引所5選も紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。
ステーブルコインを購入するには…?
  • ステーブルコインは現在国内取引所では取引できない
  • そのため、イーサリアム(ETH)を国内取引所で購入し、海外取引所に送金!
  • イーサリアムの購入には最短1日で取引スタートできるCoincheckがおすすめ
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

ステーブルコインとは?

ステーブルコインのイメージ画像

ステーブルコイン(Stablecoin)とは暗号資産の種類の1つ。価格の安定性を実現するように設計されています。

一般的な暗号資産は、価値の裏付けがないため価格変動が激しく安定しない一面を持ちます。

そのため、大きく稼げるチャンスがありますが、同時に損失も大きくなりやすいです。また、価格が安定しない通貨であれば決済手段として利用しにくいでしょう。

 そこで、暗号資産の実用性を高めるために、価格を安定させる仕組みを持つ通貨として「ステーブルコイン」が誕生しました。

ステーブルコインにも価格を安定させる仕組み(担保)によっていくつかの種類に分かれますが、米ドルなどの法定通貨を担保に発行されているコインもあります。

法定通貨も値動きはあるものの一般的な暗号資産よりも安定しており、それに伴いステーブルコインの価格も保ちやすくなっています。

主なステーブルコイン
  • Tether(USDT)
  • Binance USD(BUSD)
  • TrueUSD(TUSD)
  • Paxos Standard(PAX)
  • USD Coin(USDC)
  • JPY Coin(JPYC)

ステーブルコインの種類一覧

ステーブルコインと法定通貨

法定通貨担保型

法定通貨担保型のステーブルコインは、米ドルや日本円などの法定通貨を担保にしており、その価格に連動するように設計されています。

 法定通貨は安定感が高いため、ステーブルコインの中でも信頼性は高いです。また、発行元は担保となる法定通貨をステーブルコインと同額の量を保有しなければなりません。

仮にステーブルコインの価値がゼロになったとしても、同額の法定通貨が担保になっているため、通貨の信用性が維持されます。

法定通貨担保型のステーブルコインには、Tether(USDT)やTrueUSD(TUSD)、USD Coin(USDC)などがあります。

ステーブルコインを購入するならまず取引所で口座開設
コインチェック
  • 暗号資産の取扱数は17種類と豊富
  • 500円からの少額投資が可能なため、取引が初めての方でも安心
  • ユーザー数・アプリダウンロード数が国内トップクラス
  • 最短5分で申し込みが完了
Coincheckの基本情報
取扱暗号資産

17種類

BTC・ETH・ETC・LSK・XRP・XEM・LTC・BCH・MONA・XLM・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT・SAND・XYM

最低取引単位  取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
レバレッジ取引 なし
取引手数料  取引所:0%
形式 販売所・取引所

出典:Coincheck(コインチェック)

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

仮想通貨担保型

仮想通貨担保型のステーブルコイン

仮想通貨担保型のステーブルコインは、法定通貨ではなく暗号資産を担保にし価値を維持しています。

 担保になる暗号資産は、ビットコインやイーサリアムなどのメジャーコインであることが一般的です。流通量・取引量が多く、価格変動はあるものの価値が急落しにくいためです。

ただし、法定通貨と比較すると安定性に欠けるため、ステーブルコインとして採用されるケースは多くありません。

代表的な仮想通貨担保型のステーブルコインにはDAIがあります。

商品担保型

担保として使われる金

商品担保型は「コモディティ型」とも呼ばれるステーブルコインであり、金・原油といった商品を担保にしています。

価値を維持する仕組みは法定通貨担保型や仮想通貨担保型と同様で、発行する暗号資産と同額の商品を保有しなければなりません。

 金は安定資産と呼ばれているため、比較的経済の影響を受けにくく安定性は高いと言えるでしょう。

商品担保型のステーブルコインには、Tether Gold(XAUT)やDigix Gold(DGX)などがあり、この2つはいずれも金の価格に連動しています。

ステーブルコインを購入するならまず取引所で口座開設
コインチェック
  • 暗号資産の取扱数は17種類と豊富
  • 500円からの少額投資が可能なため、取引が初めての方でも安心
  • ユーザー数・アプリダウンロード数が国内トップクラス
  • 最短5分で申し込みが完了
Coincheckの基本情報
取扱暗号資産

17種類

BTC・ETH・ETC・LSK・XRP・XEM・LTC・BCH・MONA・XLM・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT・SAND・XYM

最低取引単位  取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
レバレッジ取引 なし
取引手数料  取引所:0%
形式 販売所・取引所

出典:Coincheck(コインチェック)

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

無担保型(アルゴリズム型)

無担保型(アルゴリズム型)のステーブルコイン

無担保型のステーブルコインは「アルゴリズム型」「シニョレッジ・シェア型」とも呼ばれ、アルゴリズムによって価値を維持する仕組みを採用しています。

 市場の需要と供給のバランスをアルゴリズムによって把握し、発行量を自動的に調整して価格を安定させます。

自動的に価値が一定に保たれますが、法定通貨や商品などの担保がないため、発行元にしか信用度を判断する要素がありません。

そのため、無担保型のステーブルコインを扱う際は、発行元について調べ信用できるかどうかを確認する必要があります。

日本円ステーブルコイン

日本円に連動するステーブルコイン

日本円ステーブルコインである「JPY Coin(JPYC)」は、日本円と連動します。JPYC株式会社が開発・運営を行っており、イーサリアムのブロックチェーンである「ERC20規格」のトークンです。

1JPYC=1円の価値があり前払式支払い手段(プリペイド)として利用できます。管理するためには、メタマスクなどのウォレットが必要です。

おすすめのステーブルコイン銘柄

仮想通貨

おすすめステーブルコインの銘柄を3つ紹介します。

どれも定番の銘柄なのでチェックしておくとよいですよ。
ステーブルコインのおすすめ銘柄
  • Tether(テザー/USDT)
  • Binance USD(バイナンスBUSD)
  • TrueUSD(トゥルーTUSD)

Tether(テザー/USDT)

Tether(テザー/USDT)は、価格が米ドルと連動しているステーブルコインです。そのため、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨のような大きな価格変動が少ない特徴があります。

 仮想通貨でありながら、現実の通過と1:1でペックしているので、価格が安定しやすいのです。

ただ、注意点として、Tether(テザー/USDT)を購入できる国内の取引所はありません。

Tether(テザー/USDT)を購入する場合は、海外取引所で口座開設する必要があります。

大幅な価格変動が少ないので、仮想通貨(暗号資産)に苦手意識がある方にはおすすめですよ。
ステーブルコインを購入するならまず取引所で口座開設
コインチェック
  • 暗号資産の取扱数は17種類と豊富
  • 500円からの少額投資が可能なため、取引が初めての方でも安心
  • ユーザー数・アプリダウンロード数が国内トップクラス
  • 最短5分で申し込みが完了
Coincheckの基本情報
取扱暗号資産

17種類

BTC・ETH・ETC・LSK・XRP・XEM・LTC・BCH・MONA・XLM・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT・SAND・XYM

最低取引単位  取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
レバレッジ取引 なし
取引手数料  取引所:0%
形式 販売所・取引所

出典:Coincheck(コインチェック)

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

Binance USD(バイナンスBUSD)

仮想通貨

Binance USD(バイナンスBUSD)は、世界最大の仮想通貨取引所のBINANCEとPaxosが発行しているステーブルコインです。

ステーブルコインの中では比較的上場している取引所が少ないですが、高い流通性と利便性の高さで近年注目されてきています。

 最も大きな特徴が、手数料を抑えたまま高速で取引ができるという点です。Binance USD(バイナンスBUSD)は、基本的に最短30秒ほどで送金が完了し、手数料を数円までに抑えられます。

さらに、発行元のPaxosは毎月監査レポートを公開しているため、裏付け資産を見ることができます。

裏付け資産が確認できるので、換金できないというリスクや不安がないのは、取引をするにあたり大きなメリットです。

透明性や安全性が高い通過で取引したい方におすすすめですよ。

TrueUSD(トゥルーTUSD)

TrueUSD(トゥルーTUSD)は、1米ドル=1TUSDで固定されたステーブルコインです。複数の信託銀行によって支えられているステーブルコインのため、他の通貨のように暴落の恐れがありません。

 また、中央集権ではなく、分散化する仕組みにより管理しているので、ハッキングのリスクやカウンターパーティのリスクも軽減しています。

しかし、Tether(テザー/USDT)と同様に、国内で取り扱っている取引所はありません。TrueUSD(トゥルーTUSD)を購入するには海外取引所を利用する必要があります。

海外の取引所では多多数上場していますよ。

ステーブルコインのメリット

ステーブルコインのメリット

価格が安定している

ステーブルコインの最大のメリットは、価格が安定している点です。例えば、暗号資産市場全体の価格が下がっている状況下でも下落しにくいです。

 一般的な暗号資産は価格が激しく変動するため投資対象としては適しているものの、決済手段としては利用しにくいでしょう。

また、裏付けになっている資産の価値が大きく変わると、ステーブルコインの価格も連動して変わるため注意が必要です。

ステーブルコインを購入するならまず取引所で口座開設
コインチェック
  • 暗号資産の取扱数は17種類と豊富
  • 500円からの少額投資が可能なため、取引が初めての方でも安心
  • ユーザー数・アプリダウンロード数が国内トップクラス
  • 最短5分で申し込みが完了
Coincheckの基本情報
取扱暗号資産

17種類

BTC・ETH・ETC・LSK・XRP・XEM・LTC・BCH・MONA・XLM・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT・SAND・XYM

最低取引単位  取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
レバレッジ取引 なし
取引手数料  取引所:0%
形式 販売所・取引所

出典:Coincheck(コインチェック)

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

将来性に期待できる

ステーブルコインの将来性

ステーブルコインは価格が安定しており、法定通貨よりも低コストでの送金が可能なため将来性が期待できる暗号資産の1つです。

 決済手段やリスク分散などに利用できることからも、将来的に需要が伸びると考えられています。

ただし、一般的な暗号資産と違い、将来性が期待できるものの、担保である資産の価格に連動するため、大幅な値上がりは期待できません。

資産防衛の機能を有する

ステーブルコインでリスクを分散する人

ステーブルコインは資産を守るためにも利用できます。特定の資産だけを保有するよりも、さまざまな資産に分散する方が、リスクは小さくなります。

そのため、自己資産を一般的な暗号資産に投じるよりも、ステーブルコインを利用した方が、資産を守りやすくなるでしょう。

また、ステーブルコインとして保有していると決済手段などとしても利用しやすいため、用途も広がりやすいです。

法定通貨の代替になる

ステーブルコインは法定通貨の代替になる

ステーブルコインは価格が安定していることから、決済手段として使いやすく、状況によっては法定通貨の代替になりえます。

 例えば、米ドルや日本円などに連動している法定通貨担保型であれば、法定通貨を入手したときと同じ効果があります。

そのため、自国の貨幣の価値が不安定な場合、米ドルなどに連動したステーブルコインを入手することで、自己資金の避難先として利用可能です。

ステーブルコインを購入するならまず取引所で口座開設
コインチェック
  • 暗号資産の取扱数は17種類と豊富
  • 500円からの少額投資が可能なため、取引が初めての方でも安心
  • ユーザー数・アプリダウンロード数が国内トップクラス
  • 最短5分で申し込みが完了
Coincheckの基本情報
取扱暗号資産

17種類

BTC・ETH・ETC・LSK・XRP・XEM・LTC・BCH・MONA・XLM・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT・SAND・XYM

最低取引単位  取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
レバレッジ取引 なし
取引手数料  取引所:0%
形式 販売所・取引所

出典:Coincheck(コインチェック)

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

ステーブルコインの将来性・リスク

ステーブルコインの将来性・リスク

ステーブルコインは価格が安定しており、さまざまな用途があるため将来性が期待されている暗号資産です。

特に法定通貨と連動して価値が決まるステーブルコインは、価格が安定しているため注目されており、主要な通貨を担保にしたコインが増えていく見込みです。

新しいステーブルコインの登場や、決済手段として普及することが考えられているため、今後も需要は伸びていくでしょう。

 しかし、ステーブルコインは法定通貨よりも格安で送金できるため、現状の仕組みを壊したり、マネーロンダリングなどに悪用されたりする可能性があります。

また、データ上の暗号資産であるためハッキングにより流出する可能性もゼロではありません。

他にも、安定感が高いステーブルコインですが、過去に「テラ(TerraUSD)」が暴落したケースもあります。

テラはステーブルコインの仕組みに問題があり、1ドルから10セント台にまで一気に暴落し破綻しました。そのため、全てのステーブルコインに同様のリスクがあるわけではありません。

ステーブルコインも暗号資産であるため、少なからずリスクがある点を理解する必要があるでしょう。

ステーブルコインの購入方法

ステーブルコインの購入方法

ステーブルコインは国内の取引所では取扱いがないため、海外の取引所を利用して購入する必要があります。

ただし、海外の取引所は日本円に対応していないため、国内の取引所で購入した暗号資産を海外の取引所に送金し、それを原資にステーブルコインを購入します。

 まずは、国内の取引所の口座を開設しましょう。口座の開設後は必要な金額を入金し、ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産を購入します。

購入した暗号資産を海外の取引所に送金し、その資金を使いステーブルコインを購入しましょう。

海外の取引所の中でも、取扱い暗号資産の種類が多い「Binance(バイナンス)」などであれば、複数のステーブルコインを購入できます。

ステーブルコインの購入におすすめ仮想通貨取引所5選

Coincheck

Coincheck

おすすめポイント
  • 日本国内の老舗の取引所の1つであり人気がある
  • 500円の少額から投資をスタートできる
  • 売買などの取引以外のサービスも充実している

Coincheckは2014年から暗号資産を扱っている、日本国内の老舗の取引所の1つです。

17種類もの暗号資産を取り扱っており、今後ステーブルコインを扱う可能性は高いでしょう。また、ステーブルコインの購入に役立つ通貨も扱っています。

 500円の少額からでも暗号資産を購入できるため、投資が初めての人でも気軽に参入しやすいです。

Coincheckでは暗号資産の売買・取引以外にも、積立やNFTなどのサービスを扱っています。暗号資産を利用できる環境を提供しているため快適に利用できます。

そのため、暗号資産の購入以外にも幅広い用途で活用したい人におすすめです。

Coincheckはユーザー数・ダウンロード数が国内トップクラスであり人気があります。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら
取扱暗号資産

17種類

BTC・ETH・ETC・LSK・XRP・XEM・LTC・BCH・MONA・XLM・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT・SAND・XYM

最低取引単位  0.001BTC
レバレッジ取引 なし
取引手数料  販売所:無料
取引所:無料
形式 販売所・取引所

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

出典:Coincheck公式サイト

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

おすすめポイント
  • レバレッジをかけて取引できる暗号資産の種類が豊富
  • サポートが充実しており、365日体制で問い合わせに対応している
  • 取引手数料などの各種手数料が無料

DMM Bitcoinの最大の特徴は取扱い暗号資産の種類が多く、最大2倍までのレバレッジをかけて取引できる点です。

 レバレッジをかけて取引できる暗号資産の数は国内でトップクラスであり、さまざまな通貨に資金効率を高めて投資できます。

さらに、サポート体制が充実しており365日間問い合わせに対応しているため、不明点・懸念点があっても曜日・祝日を気にせずに相談できるでしょう。

他にも取引手数料などの各種コストが無料であるため、小さいコストで取引できます。

口座開設から最短1時間ほどで取引をスタートできるため、急いでコインを購入したい人にもおすすめです。
取扱暗号資産 20種類
BTC・ETH・XRP・TRX・ZPG・LTC・BCH・XLM・ETC・OMG・ENJ・BAT・MONA・ADA・DOT・IOST・XTZ・XEM・QTUM・XYM
最低取引単位  0.0001BTC(0.001ETH)
レバレッジ取引 最大2倍
取引手数料  販売所:無料
形式 販売所

出典:DMM Bitcoin公式サイト

bitFlyer

bitFlyer

おすすめポイント
  • 7年以上もハッキングの被害を受けていない実績がある
  • 最短10分ほどで口座を開設できる
  • 積立やポイント投資などにも対応している

bitFlyerは安全性が高く、サービスのバランスの良さが魅力の暗号資産取引所です。

 7年以上もハッキングの被害を受けていない実績がありセキュリティ強度が高いため、資産の流出を不安視する人におすすめです。

取扱い暗号資産は17種類と多く、ステーブルコインの購入に役立つ通貨も含まれています。

他にも、積立・ポイント投資など暗号資産を活用できるサービスが充実しています。また、最短10分で口座を開設できる点も大きなメリットです。

bitFlyerのツールは充実しており、初心者でも使いやすいため快適に取引できるでしょう。
セキュリティの強さに定評 bitFlyer
無料口座開設はこちら
取扱暗号資産 17種類
BTC・XRP・ETH・XYM・LINK・MATIC・MKR・DOT・XTZ・XLM・XEM・BAT・ETC・LTC・BCH・MONA・LSK
最低取引単位  販売所:0.00000001BTC(0.00000001ETH)
取引所:0.001BTC(0.01ETH)
レバレッジ取引 最大2倍
取引手数料  販売所:無料
取引所:0.01%~0.15%
形式 販売所・取引所

セキュリティの強さに定評 bitFlyer
無料口座開設はこちら

出典:bitFlyer公式サイト

BITPOINT

BITPOINT

おすすめポイント
  • 初心者から上級者まで利用しやすい暗号資産取引所
  • 500円以下の少額投資に対応している
  • 取引ツールは直感的な操作が可能で使いやすい

BITPOINTは初心者でも利用しやすい暗号資産取引所です。取扱い暗号資産は13種類ですが、信頼性が高いアルトコインを扱っています。

 また、各種手数料は無料であるためコストを抑えて取引できる点も魅力です。

取引ツールは初心者でも使いやすく、上級者でも納得できる機能を搭載しています。

直感的な操作が可能であるため、快適に売買など取引できるでしょう。500円以下の少額投資にも対応しているため、リスクを抑えて投資を始められます。

ビットコイン・イーサリアムなど、ステーブルコインの購入に役立つ通貨も扱っています。
珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら
取扱暗号資産 13種類
BTC・IOST・DEP・LNK・JMY・DOT・ADA・TRX・XRP・ETH・BCH・LTC・BAT
最低取引単位  0.00000001BTC(0.00000001 ETH)
レバレッジ取引 なし
取引手数料  無料
形式 販売所・取引所

珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

出典:BITPOINT公式サイト

マネックスビットコイン

マネックスビットコイン

おすすめポイント
  • マネックス証券グループが運営するCFDサービス
  • 時間や取引コストを気にせずに利用できる
  • さまざまな注文方法に対応しており、スタイルに合わせて使い分けられる

マネックスビットコインは、マネックス証券グループが運営する暗号資産CFDサービスであり、レバレッジをかけて取引できます。

 扱っている暗号資産の種類は4つと少ないですが、今までの金融サービスで培ったノウハウを活かし、快適な取引環境を提供しています。

土日も含めて原則24時間365日取引でき取引手数料が無料であるため、時間やコストを気にせずに取引できるでしょう。

さらに、ストリーミング注文や指値・逆指値注文、OCO・IFD、IFOなどの複数の注文方法にも対応しており、取引スタイルに合った方法で利用できます。

取引ツールは使いやすいため、初心者でも手軽に操作できるでしょう。
取扱暗号資産

4種類

BTC・BCH・ETH・XRP

最低取引単位  0.001BTC(0.01ETH)
レバレッジ取引 最大2倍
取引手数料  無料
形式 販売所・取引所

出典:マネックスビットコイン公式サイト

まとめ

この記事では、ステーブルコインの特徴や種類について解説しました。ステーブルコインは一般的な暗号資産よりも価格が安定しており、将来性が期待されています。

しかし、ステーブルコインの中にはいくつか種類があり、担保になり価格が連動する対象が異なります。ステーブルコインを扱う際は、通貨の特徴だけでなく背景にも注目しましょう。

自分のスタイルに合ったステーブルコインを選び、快適に取引してみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事