【2022年最新】ステラルーメン(XLM)とは?特徴や将来性を徹底解説

暗号資産の1つであるステラルーメン(XLM)は、さまざまな通貨の中でも送金をスムーズに行えます。そのため、有効活用すると送金手数料を抑え、着金までにかかる時間を短縮できます。

しかし、人気があるビットコインやイーサリアムなどと比較すると、特別な機能などオリジナリティがある通貨ではありません。

また、ステラルーメンに興味があっても、特徴や価格推移について詳しく知らない人もいるでしょう。そこで今回は、ステラルーメンの特徴について解説します。

おすすめの取引所4選も紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

ステラルーメン(XLM)とは?

暗号資産のイメージ画像

ステラルーメン(XLM)とは暗号資産の一種であり、安価でグローバルな決済システムとして開発・運営されています。

暗号資産の中でも、送金速度が早く利便性が高いことが特徴であり、より多くのユーザーが金融サービスとして利用できる通貨を目指しています。

 元々は完全に独立した暗号資産ではなく、リップルをベースに開発。その後、より高い利便性を追求するために、独自のコンセンサスアルゴリズムに移行しています。

このアルゴリズムは「Stellar Consensus Protocol」と呼ばれるもので、ビットコインのようなマイニングが不要です。そして、大量の取引でも高速・低コストな処理を実現しています。

また、ステラルーメンは非営利団体である「ステラ開発財団」が開発・運営している点も、他の暗号資産と大きく異なるポイントです。

ステラルーメン(XLM)の特徴

仮想空間のイメージ画像

明確な管理主体が存在

ステラルーメンには、ステラ開発財団という明確な管理主体が存在します。ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産の多くは、非中央集権的な考えにより運営されています。

 そのため、明確な管理組織は存在しません。このようなケースでは、ガバナンストークンの保有者に投票権が与えられ、運営方針に関与できます。

しかし、この方式では意思決定・開発スピードが遅くなる点が大きなデメリットです。ステラルーメンはステラ財団が運営しているため、スピーディに意思決定・開発できるでしょう。

ステラ財団は非営利組織であり、利益ではなく理念や目標を達成するために運営されているため信頼性も高いです。

決済速度が高速

時計の画像

ステラルーメンは、暗号資産の中でも決済速度が非常に速いことも大きな特徴です。既に決済手段として利用されているビットコインの取引速度は数十分といわれています。

 イーサリアムでも数分はかかるといわれていますが、ステラルーメンは2秒から5秒ほどの時間しかかかりません。

これは、ステラルーメンが独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しており、取引処理の承認プロセスを短くしているためです。

現在でもステラルーメンは決済手段として使われていますが、さらに普及することで決済の利便性は高まるでしょう。

手数料が安い

紙幣を手のひらに乗せる人の画像

ステラルーメンは、決済・取引速度が速いだけでなく手数料が安いです。暗号資産の取引には、処理が必要になるため手数料が発生します。

いくら利便性が高い通貨でも、手数料が高ければ利用しにくいでしょう。例えば、イーサリアムの場合、ネットワークの取引量に応じて手数料(ガス代)が高騰し、数万円かかることもあります。

 これは、取引量が膨大になることにより、処理が追いつかなくなり大きな負担がかかるため、手数料が高額になるためです。

その点、ステラルーメンは処理が軽く必要な時間が短いため手数料が安くなります。海外でしか扱っていない暗号資産を入手する際に、ステラルーメンを利用する人も多いです。

ブリッジ通貨

通貨と紙幣の画像

ステラルーメンは、ブリッジ通貨としても利用できます。ブリッジ通貨とは2つの通貨を繋げる橋渡しの役割を持つ通貨であり、経由することで効率良く国際送金できます。

 一般的に、異なる国へ法定通貨を送金する際、相手の国の通貨に両替しなければなりません。その際の処理に時間がかかり、手数料も高くなります。

これは、それぞれの国の銀行が仲介し各々で処理が発生するためです。例えば、日本からアメリカに送金する際は円から米ドルに換える必要があり、数日の時間がかかります。

そこで、ステラルーメンをブリッジ通貨として、「円→ステラルーメン→米ドル」という流れで送金すると、短時間で送金が完了し手数料も安くなります。

ステラルーメン(XLM)の将来性・価格動向

ステラルーメンの価格推移

ステラルーメンの現在(2022年9月)の価格は、1通貨あたり約17円です。2016年に上場してからは、しばらく1円未満の価格で推移していました。

2017年終盤から高騰し、2018年1月に約100円の最高値を記録します。その後は、下落傾向になり2019年から2021年まで10円前後の価格で推移します。

 その後、2021年から上昇を続け、5月に2度目のピークを迎え約78円まで高騰しました。それから現在まで、下降気味に推移しています。

高騰した際の主な要因は、企業との提携とバーン(焼却)によるものです。反対に、下降したタイミングは暗号資産全体の落ち込みと連動しています。

そのため、ステラルーメンのハッキングやサーバーダウンなどの、ネガティブな要因で下落したのではありません。

今後は、暗号資産市場が回復した上で、企業との提携が進んだり、決済手段として普及したりすることで価格は上昇するでしょう。

出典:CoinMarketCap

ステラルーメン(XLM)の買い時を解説

ステラルーメン(XLM)の買い時を解説

ステラルーメン(XLM)の購入を検討している人は、「いつ購入すればよいのか」と気になる人も多いでしょう。ここでは、ステラルーメン(XLM)の買い時について解説します。

ステラルーメンの買い時
  • ステラルーメンのよいニュースが発表されたタイミング
  • ビットコインが上昇しているタイミング
  • ステラルーメンが暴落して安くなっているタイミング

仮想通貨は、基本的によいニュースが発表されると価値が上昇し、悪いニュースが発表されると下降する傾向があります。

以下では、それぞれのタイミングについて詳しく解説します。

ステラルーメンのよいニュースが発表されたタイミング

ステラルーメンのよいニュースが発表されたタイミングは、ステラルーメンの買い時だといえます。

よいニュースが発表されると、価値が上昇する傾向があるためです。ステラルーメンに関するニュースは、仮想通貨の関連サイトで確認できるので、チェックするようにしましょう。

よいニュースが発表されたら、なるべく早いタイミングで購入することをおすすめします。

ビットコインが上昇しているタイミング

ビットコインが上昇しているタイミング

ビットコインが上昇しているタイミングは、他の仮想通貨も上昇する傾向があるため、ステラルーメンの買い時です。

ビットコインは、仮想通貨の根幹に位置する仮想通貨のため、多くの仮想通貨に大きな影響を与えます

 一方で、ビットコインが暴落した際には、仮想通貨も暴落する傾向があるため、注意が必要です。少しでも多く稼ぎたい人は、ビットコインの相場を確認することをおすすめします。

ステラルーメンが暴落して安くなっているタイミング

ステラルーメンが暴落して安くなっているタイミングも、狙い目の一つです。

本来であれば暴落したときは避けた方がよいとされていますが、価格が完全に下がりきったときに購入すれば利益を得られる可能性もあります

そのため、これ以上下がらないと判断できるタイミングで、購入に踏み切るのも、一つの手です。

ステラルーメン(XLM)のメリット

PCを操作する人の画像

主なメリット
  • 送金の利便性が高い
  • 運営者同士の意思疎通がしやすい
  • 低コストで国際送金が可能
  • 手数料が安い

送金の利便性が高い

ステラルーメンは、処理速度が速く手数料が安いため送金の利便性が高いことが最大のメリットです。

もともとステラルーメンは、新興国の個人間送金をスムーズに行えることを目的に開発されました。実際に、ステラルーメンを送金手段として採用する企業もあります。

 国内の取引所でも取り扱いが多く、海外の通貨を入手する際の両替用としても利用しやすいです。しかし、ビットコインやイーサリアムよりも、存在は認知されていません。

そのため、ステラルーメンが広く知れ渡り、さまざまな企業や国で利用される可能性が高いです。また、アジア・アフリカ圏で広まりつつあります。

運営者同士の意思疎通がしやすい

集会所の画像

ステラルーメンは、ステラ財団が運営しているため、運営者同士の意思疎通が図りやすいです。一般的な暗号資産は運営主体がないため、意見をまとめて方向性を決めるまでに時間がかかります。

中央集権体制であるステラルーメンの場合、新しいプロジェクトの進行や新機能の実装なども実施しやすいです。

運営元が明らかであることは、他の暗号資産と違い投資家・トレーダーからの信頼も得られます。

低コストで国際送金が可能

ステラルーメンを利用することで、短時間・低コストで国際送金が可能になります。通常の国際送金の場合、着金までに時間がかかるだけでなく、手数料も高額です。

 先程と同様に、異なる2国間で送金する場合、1週間ほど時間がかかり数千円の手数料がかかるケースも少なくありません。

例えば、海外に住む家族・友人に送金するとき便利ですが、ビジネスシーンで取引金額が大きい場合にも利便性は高いといえるでしょう。

手数料が安い

小銭と新芽の画像

ステラルーメンは手数料が安いため、ブリッジ通貨以外にもさまざまなシーンで利用しやすいです。基本的に暗号資産を使った取引では、手数料としてその通貨の一定割合を支払う必要があります。

この手数料はトランザクション手数料と呼ばれ、ネットワークの取引処理量によって変わります。イーサリアムは「ガス代」と呼ばれる手数料が高額になりやすいことで有名です。

そこで、ステラルーメンを暗号資産の取引に利用することで、手数料を大幅に削減できるでしょう。

ステラルーメン(XLM)のデメリット

コインの画像

主なデメリット
  • 希少価値が高まりづらい
  • オリジナリティが少ない

ステラルーメンは利益を追求するために開発されたものではないため、希少価値が高まりづらく、オリジナリティも少ないです。

ステラルーメンは、ビットコインのような一般的な通貨と違い、マイニングの仕組みはありません。ステラルーメンの通貨は、ステラ財団から全数量が発行されます。

 急激な価格変動防止のため毎年1%ずつ増えていくルールで徐々に数量が増加。総量が増えすぎたときのため計画的にバーンしますが、そこまで希少性は高くありません。

また、送金速度が速く手数料が安いことが大きな特徴ですが、同じような機能を持つ暗号資産は他にもあります。

送金時の利便性が高く、他にも特徴的な機能・性能を持つ暗号資産があれば、ステラルーメンの価値は感じにくくなるでしょう。

他にも、リップルがベースになっているため、価格が下がると連動してステラルーメンも暴落する危険性がある点も大きなデメリットです。

ステラルーメン(XLM)を扱うおすすめ仮想通貨取引所4選

Coincheck

Coincheck

おすすめポイント
  • 取扱暗号資産数が多く、19種類の通貨に対応している
  • 500円から暗号資産を購入できる
  • マネックスグループの傘下に加わり、セキュリティ面が強化されている
  • NFTマーケットやステーキングなど、さまざまなサービスを提供している
  • 1日約300円から積立を始められる

Coincheckでは、ステラルーメンを始めとするさまざまな暗号資産を扱っており、19種類の通貨に対応しています。簡単に口座開設でき500円から通貨を購入できるため初心者におすすめです。

現在では、大手証券会社であるマネックスグループの傘下に加わり、セキュリティ面が強化されているため安全性が高まっています。

 暗号資産の購入以外にも、NFTマーケットや貸暗号資産、ステーキングサービスなども提供しています。暗号資産の利用シーンが幅広いため、保有している通貨を有効活用できるでしょう。

他にも、ビットコインで電気代・ガス代を支払える「Coincheckでんき」「Coincheckガス」などもあり、普段の生活から暗号資産を利用できます。

さらに、暗号資産を使って資産運用できるCoincheckつみたても利用可能です。1日あたり約300円から積立を始められるため、計画的に資金を運用できるでしょう。

初心者以外にも、暗号資産を使ったさまざまなサービスを利用したい人におすすめです。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら
取扱暗号資産

19種類
BTC・ETH・ETC・LSK・XRP・XEM・LTC・BCH・MONA・XLM・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT・SAND・XYM・DOT

最低取引単位  0.001BTC
レバレッジ取引 なし
取引手数料  販売所:無料
取引所:無料
形式 販売所・取引所
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

出典:Coincheck公式サイト

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

おすすめポイント
  • DMMグループが運営する暗号資産取引所
  • 最大2倍までのレバレッジ取引に対応している
  • 取り扱い暗号資産は22種類と豊富
  • 各種手数料が無料
  • 365日対応のサポート体制を整えている

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営する暗号資産取引所です。レバレッジ取引に対応している点が特徴であり、最大2倍までかけられます。

国内の取引所の中でもレバレッジ取引に対応した通貨数が22種類と多く、ステラルーメンなどの興味がある通貨に投資できます。

 DMM Bitcoinでは、口座維持手数料・出金手数料・取引手数料など、各種手数料が無料であるため、コストを気にせずに取引できるでしょう。

土日祝も含めた365日体制のサポートを提供しており、問い合わせフォーム以外にもLINEにも対応しています。不明点があってもスマートフォンを使い、簡単に問い合わせできます。

DMMグループで培われた高い技術力を保有しているため、セキュリティ強度は高いです。万全の体制を構築しているため、安心して取引できるでしょう。

口座開設は簡単であり、最短1時間で取引を始められる点も魅力です。
取扱暗号資産 22種類
BTC・ETH・XRP・AVAX・CHZ・TRX・ZPG・LTC・XLM・ETC・BCH・BAT・ENJ・OMG・MONA・ADA・DOT・XTZ・XEM・QTUM・XYM・IOST
最低取引単位  0.0001BTC(0.001ETH)
レバレッジ取引 最大2倍
取引手数料  無料
形式 販売所

出典:DMM Bitcoin公式サイト

bitFlyer

bitFlyer

おすすめポイント
  • 暗号資産の取引量が多く、国内でも規模が大きな取引所
  • 各種手数料が無料
  • 暗号資産を1円から購入できる
  • 最短10分で口座を開設できる
  • Tポイントをビットコインに交換できるなど、さまざまなサービスを提供している

bitFlyerは暗号資産の取引量が多く、国内でも規模が大きな取引所です。販売所の売買手数料や、ビットコインFXの取引手数料など、各種手数料が無料であるため気軽に使えます。

公式サイトによると、業界最長7年以上もハッキングの被害を受けておらず、安心して取引できるセキュリティ体制を構築しています。

 ビットコインやステラルーメンなどの暗号資産を1円から購入できるため、試しに取引を始めてみたい初心者におすすめです。

最短10分で口座を開設できるため、急いで暗号資産取引を始めたい人にも適しているでしょう。他にも、所有しているTポイントをビットコインに交換できるサービスもあります。

さらに、「かんたん積立」や「bitFlyer クレカ」などを利用することで、効率良く暗号資産投資ができます。

操作性を追求した充実の取引ツールも扱っているため、上級者も満足できるでしょう。
セキュリティの強さに定評 bitFlyer
無料口座開設はこちら
取扱暗号資産 17種類
BTC・XRP・ETH・XYM・LINK・MATIC・MKR・DOT・XTZ・XLM・XEM・BAT・ETC・LTC・BCH・MONA・LSK
最低取引単位  販売所:0.00000001BTC(0.00000001ETH)
取引所:0.001BTC(0.01ETH)
レバレッジ取引 最大2倍
取引手数料  販売所:無料
取引所:0.01%~0.15%
形式 販売所・取引所
セキュリティの強さに定評 bitFlyer
無料口座開設はこちら

出典:bitFlyer公式サイト

GMOコイン

GMOコイン

おすすめポイント
  • 国内取引所の中でも規模が大きく、22種類の通貨を利用できる
  • 安全性が高く、実績もあるため安心して取引できる
  • 各種手数料は無料
  • 充実したツールを揃えている
  • 初心者から上級者まで使いやすい

GMOコインは取り扱い暗号資産数が多く、充実したサービスを提供する取引所です。国内取引所の中でも規模が大きく、22種類の通貨を利用できます。

GMOインターネットグループで培われた金融サービスのノウハウを活用しているため、安全性が高く、実績もあるため安心して取引できます。

 口座開設・即時入金・日本円の出金・暗号資産の預入・送付など、各種手数料は無料であるため取引コストを抑えやすいです。

さらに、充実したツールを揃えているため、現物の売買からレバレッジ取引を1つのアプリで操作できます。

シンプルで分かりやすいノーマルモードと、高機能なチャートを表示できるトレーダーモードがあり、初心者から上級者まで使いやすいです。

ステラルーメン以外にもさまざまな通貨に投資したい人にもおすすめです。
暗号資産取扱数が多い GMOコイン
無料口座開設はこちら
取扱暗号資産

22種類

BTC・ETH・BCH・LTC・XRP・XEM・XLM・BAT・OMG・XTZ・QTUM・ENJ・DOT・ATOM・XYM・MONA・ADA・MKR・DAI・LINK・FCR・DOGE

最低取引単位  0.0001 BTC(0.01 ETH)
レバレッジ取引 最大2倍
取引手数料 

販売所:無料

取引所:Maker:-0.01%・-0.03%/Taker:0.05%・0.09%

形式 取引所・販売所
暗号資産取扱数が多い GMOコイン
無料口座開設はこちら

出典:GMOコイン公式サイト

よくある質問

ステラルーメン(XLM)とは
ステラルーメン(XLM)とは暗号資産の一種で、安価でグローバルな決済システムとして開発・運営されている、プラットフォームです。ステラルーメンは元々は独立した暗号資産ではなく、リップルをベースに開発されました。送金速度が早くて利便性が高い点が特徴で、多くのユーザーが利用できる通貨を目指しています。
ステラルーメン(XLM)の特徴は
ステラルーメン(XLM)の特徴は、明確な管理主体が存在している点です。また、暗号資産の中でも決済速度が高速な点や、手数料が安い点、ブリッジ通貨として利用できる点も、ステラルーメンの特徴として挙げられます。
ステラルーメン(XLM)の将来性・価格動向は
ステラルーメン(XLM)の2022年9月時点の価格は、1通貨あたり約17円です。2018年1月に最高値の約100円を記録し、2019年から2021年まで10円前後の価格で推移します。その後2021年5月に2度目のピークで約78円っまで高騰し、その後は下降しています。今後は、企業との提携が進んだり決済手段として普及したりすることで、価格が上昇することが予想されます。
ステラルーメン(XLM)のメリットは
ステラルーメン(XLM)の最大のメリットは、送金の利便性が高い点です。ステラルーメンは国内の取引所でも取り扱いが多いため、海外の通貨を入手するときの両替用として利用しやすいとされています。また、運営者同士の意思疎通がしやすい点や、低コストで国債送金ができる点、手数料が安い点も、ステラルーメンの魅力として挙げられます。
ステラルーメン(XLM)のデメリット
ステラルーメン(XLM)は利益を追求するために開発されていないため、希少価値が高まりにくく、オリジナリティが少ないというデメリットがあります。また、リップルがベースになっていることから、価格が下落するとステラルーメンも連動して暴落するリスクもあります。
ステラルーメン(XLM)の買い時は
ステラルーメン(XLM)の買い時は、ステラルーメンのよいニュースが発表されたタイミングや、ビットコインが上昇しているタイミングです。また、ステラルーメンが暴落して安くなっているタイミングも、狙い目の一つです。本来は暴落したときは避けた方がよいとされていますが、価格が下がりきってから購入すれば、利益を得られる場合もあります。
ステラルーメン(XLM)を扱うおすすめ仮想通貨取引所は
ステラルーメン(XLM)を扱うおすすめの仮想通貨取引所は、さまざまな暗号資産を取り扱っており、19種類の通貨に対応している「Coincheck」、レバレッジ取引に対応している「DMM Bitcoin」、各種手数料が無料で利用できる「bitFlyer」、実績があり安全性が高いため安心して取引できる「GMOコイン」です。

まとめ

この記事では、ステラルーメンの特徴について解説しました。ステラルーメンは、送金速度が速く手数料も安いため、決済・送金手段として重宝されています。

また、他の暗号資産と違い、明確な運営・管理主体が存在し、マイニングの仕組みがありません。非営利団体が新興国向けに、スムーズに送金できる手段として開発されました。

しかし、通貨としてのオリジナリティは少なく、希少価値は高まりにくいため注意が必要です。

ステラルーメンの特徴を押さえ、自分に合ったスタイルで扱ってみてください。
暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事