The sandboxとは?始め方・稼ぎ方・将来性などを徹底解説!

近年では「メタバース」や「NFTアート」が注目されるようになっており、それらを扱ったブロックチェーンゲームである「The sandbox」も人気です。

The sandboxはパソコンで遊ぶゲームでありながら、ゲーム内通貨は換金できるため遊びながら稼げます。特定のクエストなどの達成すべき目標は設定がなく、自分のスタイルに合わせて遊べます。

興味がある人は、The sandboxの特徴や遊び方を押さえておきましょう。そこで今回は、「The sandbox」とはどのようなものか特徴を紹介します。

始め方から稼ぎ方、将来性などについても解説するため、ぜひ参考にしてみてください。
The sandboxに興味がある方必見 SANDを扱う
仮想通貨取引所

始め方を知る前にThe sandboxの概要をおさえておこう

The sandbox

出典:The Sandbox公式サイト

遊ぶ・稼ぐができるプラットフォーム

「The sandbox」とは、ブロックチェーンを基盤に作られたゲームであり、仮想空間である「メタバース」を自由に移動して遊べます。

名前の通り、ゲームのジャンルは「サンドボックスゲーム」であり、RPGのようにクエストのような達成すべき明確な目標などはなく、プレイヤーは空間内で自由に行動できます。

 マインクラフトのように3Dオブジェクトやゲームを作成したり、ソーシャルゲームのように他のプレイヤーと交流できたりする点が大きな特徴です。

ゲーム内で使用・入手できる通貨には暗号資産である「SAND」があり、獲得すると現金に換金できるため「稼げるゲーム」としても人気があります。

メタバース空間内で建物やゲームを作成するためには、「LAND」と呼ばれる土地を購入しなければなりません。このLANDの他にも、ゲームに必要なアイテムを購入する際にSANDを利用します。

ゲーム内のLAND・キャラクター・アイテムはNFT化され、売買が可能です。
The sandboxに興味がある方必見 SANDを扱う
仮想通貨取引所

コインチェックと共同でメタバース上の都市開発を開始

The sandboxの近未来都市

コインチェック株式会社はThe sandboxのLANDを保有しており、このメタバース空間に近未来都市である「Oasis TOKYO」を2035年に制作するプロジェクトを始めています。

 この都市開発はメタバース×NFTのコミュニティ拠点であり、日本らしい街並みの中に美術館・イベントホール・ステージなど、さまざまな施設を開発する予定です。

将来的にはさまざまなプレイヤーが、アーティストとファンのように交流を持ち、企業のコミュニティ育成の場として活用することを目指しています。

The sandboxに興味がある方必見 SANDを扱う
仮想通貨取引所

The sandboxの始め方

The sandboxの始め方

始め方
  1. 口座を開設する
  2. Metamaskをインストールする
  3. The sandboxでアカウントを作成する

1.口座を開設する

The sandboxでゲームを進めるためには、ゲーム内通貨であるSANDが必要になります。そのため、まずは暗号資産取引所の口座を開設してSANDを用意しましょう。

 暗号資産取引所の口座を開設する際は、日本語・日本円に対応しておりサポート体制が充実している国内のものがおすすめです。

国内のSANDを扱っている取引所の口座を開設し、日本円を入金してSANDを購入します。

口座開設は基本的に無料で、メールアドレスや氏名、住所などの情報を入力するだけであるため簡単です。

取引を始めるためには本人確認が必要で、審査にしばらく時間がかかることがある点に注意しましょう。
The sandboxに興味がある方必見 SANDを扱う
仮想通貨取引所

2.Metamaskをインストールする

The sandboxの始め方 Metamaskの作成

口座を開設してSANDを用意したら、The sandboxに対応しているウォレットにコインを送金します。基本的に取引所の口座内にある通貨は、そのままの状態だとゲームに利用できません。

 The sandboxでも利用できるウォレットの中でも無料で作成・利用でき、日本語に対応している「MetaMask(メタマスク)」がおすすめです。

MetaMaskのアカウントを作成し、取引所の口座にあるSANDを送金します。MetaMaskはブラウザの拡張機能で利用でき、Google Chromeなどにインストールして使います。

The sandboxに興味がある方必見 SANDを扱う
仮想通貨取引所

3.The sandboxでアカウントを作成する

The sandboxのアカウントを作成

MetaMaskのアカウントを作成したら、最後にThe sandboxのアカウントを作成します。The sandboxの公式サイトにアクセスし、画面の右上にある「サインイン」をクリックしましょう。

「ログインまたはアカウントの作成」という画面が表示されるため、その項目の一覧の中からMetaMaskを選んでください。

そこでMetaMaskのログイン情報を入力すると、The sandboxとMetaMaskの接続が完了します。

その後、メールアドレスとニックネームの入力が完了するとアカウントを作成できます。
The sandboxに興味がある方必見 SANDを扱う
仮想通貨取引所

The sandboxを始める際にかかる初期費用

The Sandboxを始める際には、初期費用がかかります。ここでは、The Sandboxの初期費用の目安と、The Sandboxの初期費用を抑える方法について解説します。

The Sandboxの価格は日々変動しているので、あくまで参考程度にしてください。

The Sandboxの初期費用の目安

The Sandboxの初期費用の目安

The Sandboxを始める際には、土地(LAND)が必要です。

LANDの価格は、2022年11月15日時点のOpenSeaでの最低価格は1.189ETHですが、立地のタイミング、サイトによってもさまざまです。

現時点で、1ETHあたり日本円で約17万円なので、LANDに20万円程度、手数料に5,000円程度かかると考えられます。

 The Sandboxの初期費用はNFTゲームのなかでも高額で始めるまでのハードルは高いですが、その分ハイリターンです。ただし回収するには数ヶ月以上かかるため、始める前にその点は留意しておきましょう。

※出典:OpenSea「The Sandbox」より

The sandboxに興味がある方必見 SANDを扱う
仮想通貨取引所

The Sandboxの初期費用を抑える方法

LANDはセールで通常より安く販売されていることもあるので、初期費用は抑えたい人はセールのタイミングが狙い目です。

セールの告知は、Twitterの公式アカウントで行われるため、頻繁にチェックするようにしましょう。

 購入する際には、イーサリアムとSANDの2種類の通貨が必要になるので、事前に保有しておくとスムーズに購入できます。

またLANDはレンタルもできるので、価格を抑えてゲームに参加したい人はマーケットプレイスで土地(LAND)をレンタルするのもおすすめです。

レンタル料金は所有者によってもさまざまですが、購入するよりかは安価でゲームに参加できます。
The sandboxに興味がある方必見 SANDを扱う
仮想通貨取引所

The sandboxはスマホ非対応?

The sandboxはスマホに対応していない

The sandboxをプレイするときの注意点は、スマートフォン版はリリースされておらず非対応であることです。

そのため、パソコンでしかプレイできません。

The sandboxを始めるために必要なMetaMaskも、スマートフォンのブラウザに対応しておらずパソコンで操作する必要があります。

将来的にスマートフォンやタブレット用のバージョンが登場する可能性はありますが、2022年8月時点でそのような情報はありません。

 The sandboxをプレイするためには、パソコンが必要になる点に注意しましょう。

また、同じ「The sandbox」という名称のスマートフォン版アプリがありますが、メタバースのNFTゲームとは別物である点も要注意です。

The sandboxはスマートフォンでプレイはできないものの、アカウントの作成は可能です。隙間時間などで登録したい人はスマートフォンを利用すると良いでしょう。

The sandboxに興味がある方必見 SANDを扱う
仮想通貨取引所

The sandboxの稼ぎ方

The sandboxの稼ぎ方

※本記事の内容は、必ず利益を生む方法を紹介するものではありません。本記事で紹介しているサービスは、ご自身の責任におきましてご利用くださいますようお願いいたします。

Voxel EditでASSETを作成

The sandboxの遊び方の一つに、「VoxEdit(ボックスエディット)」というツールを使った「ボクセルアート」があります。

このボクセルアートとは、立方体のパーツを組み合わせて3DCGを作る遊び方です。建物・アイテム・キャラクターなど作成したASSETは、マーケットプレイスで販売できます。

近年では、NFTアートの人気・需要が高まっているため、作成したASSETが高く売れる可能性があります。
The sandboxに興味がある方必見 SANDを扱う
仮想通貨取引所

Game Makerで3Dゲームを作成

The sandboxでゲームを作る

The sandboxには「Game Maker」という自作のゲームを作れる無料ツールがあり、3Dゲームを作成して自分の土地などに配置できます。

 Game Makerにはいくつかのテンプレートが用意されているため、上手く活用すると初心者でも簡単にゲームを作成できます。

作成したゲームは他のプレイヤーに有料で公開することができ、入場料による収益化が可能です。

The sandboxに興味がある方必見 SANDを扱う
仮想通貨取引所

LAND Saleで土地を入手し不動産投資をする

The sandboxで不動産投資

The sandbox内の土地であるLANDは、ゲーム内の「LAND Sale」にて購入できます。しかし、常時購入できるわけではないため注意してください。

 他にもLANDはNFTのマーケットプレイスにて購入可能で、世界最大といわれる「Opensea(オープンシー)」や「Coincheck NFT」などで販売されています。

LANDはメタバース上の土地ですが、実際の不動産と同じように資産運用が可能です。保有している土地は他のプレイヤーに貸し出すことができ、その間は少額ながら収入を得られるでしょう。

また、LANDは需要が高く値動きが激しいです。そのため、価格が安いときに購入し値上がりをしたときに売れば差額が利益になります。

The sandboxに興味がある方必見 SANDを扱う
仮想通貨取引所

ゲーム内通貨SANDを保有し売買益を得る

SANDの売買

作成したASSETの売却や公開しているゲームの入場料では、ゲーム内通貨のSANDを入手できます。

LANDと同様にSANDも価格変動が激しいため、今よりもThe sandboxの人気が高まり、SANDの需要が高まれば高騰する可能性があります。

The sandbox内で得たSANDを値上がりしたタイミングで売れば、その分利益を得られるでしょう。
The sandboxに興味がある方必見 SANDを扱う
仮想通貨取引所

ゲーム内ASSETの転売

The sandboxでASSETの転売

The sandbox内では、ASSETを作成して売るだけでなく購入も可能です。NFTのマーケットプレイスに出品されているASSETも、時間の経過により価格が変化します。

つまり、NFTマーケットで価格が安いASSETを購入し、アイテムなどのフロア価格が上昇したタイミングで出品することで売買益を得られるでしょう。

この方法であれば、ASSETやゲームの作成が苦手な人でもThe sandboxで稼げる可能性が高まります。
The sandboxに興味がある方必見 SANDを扱う
仮想通貨取引所

The sandboxの将来性

The sandboxの将来性

出典:coinmarketcap

The sandboxはCoincheckが大規模なメタバースプロジェクトを進めていたり、ソフトバンクが大きな資金を投資していたりと、一般ユーザーだけでなく企業も注目しています。

 ゲーム内通貨のSANDの値動きを見てみると、NFTが注目され始めた2021年の11月頃に急騰しています。

その後は加熱状況が落ち着いて価格を下げており、2022年の5月までは300円前後の価格で推移していました。

2022年の5月以降はアメリカの金融政策の影響を受け、暗号資産市場全体が落ち込んでいます。

このようにSANDの価格は下降していますが、The sandboxが扱っている「メタバース」や「NFT」などは今後も成長市場であるため、将来的に期待できる部分は大きいです。

The sandboxでよく使う用語を解説

The Sandboxを始める際には、まずはよく使用する用語の意味を理解しておきましょう。ここでは、The Sandboxでよく使う用語について解説します。

よく使う用語
  • METAVERSE(メタバース)

  • LAND(ランド)

  • ESTATE(エステート)

上記の3つの用語は、The Sandboxの全体像を掴むために欠かせないワードなので、覚えておきましょう。

METAVERSE(メタバース)

 METAVERSE(メタバース)は、The Sandboxの仮想空間の名称です。

The Sandboxは166,464個もの空間で構成されていて、METAVERSE内で利用できる主要トークンはEthereum(イーサリアム)のブロックチェーン上で発行された通貨「ERC-20(SAND)」です。

The sandboxに興味がある方必見 SANDを扱う
仮想通貨取引所

LAND(ランド)

LAND(ランド)

 LAND(ランド)とは、The Sandbox内の土地のことを指します。

発行数の上限が166,464個と定められており、The Sandbox内のマーケットプレイスやCoincheck NFT(β版)、OpenSeaでも購入できます。

プレイヤーはLAND上にデジタルアセットを構築できます。

ESTATE(エステート)

 ESTATE(エステート)とは、複数のLANDを組み合わせた地域のことを指します。

1LANDは、96m(縦) x 96m(横) x 128m(高さ)で、最小サイズは3LANDx3LANDの合計9LANDで構成されています。

The sandboxに興味がある方必見 SANDを扱う
仮想通貨取引所

The sandboxを始める際の注意点

ステーブルコインは法定通貨の代替になる

The sandboxを始める際の注意点は次の4つです。

The sandboxを始める際の注意点
  • ウォレット情報を忘れないように管理する
  • 収益化まで時間が必要
  • 偽物が出品されていることがある
  • パソコンがないと始められる

The sandboxはメタバースを用いたゲームで、従来のゲームとは違った楽しみを得られます。

しかし実はThe sandboxには注意点があります。
ここではThe sandboxの注意点について詳しくみてみましょう。

ウォレット情報を忘れないように管理する

1つ目がウォレット情報を忘れないように管理することです。

 The sandboxをプレイをする際、ウォレットに関する情報は忘れないようにしましょう。

ウォレット情報をなくすと、自身が所有している仮想通貨やNFTの引き出しができなくなります。

ウォレット情報は忘れないようにメモをしておきましょう。
そしてウォレット情報は誰にも見られないように保管しておきましょう。ウォレット情報を教えると、所有している仮想通貨が盗まれる可能性があるため必ず教えないようにしてください。
The sandboxに興味がある方必見 SANDを扱う
仮想通貨取引所

収益化まで時間が必要

2つ目が収益化まで時間が必要です。

収益化目的で行っている人は要注意です。
The sandboxではLANDの貸し出しによる不動産収入、キャラクターやアイテムを売却して収入を得る方法などがありますが、不動産収入では初期費用が発生します。
 不動産収入の場合の初期費用は数十万程度発生することもあり、初期費用回収まで時間がかかります。
大きな利益を得るにも値動きが激しく、場合によっては損をする可能性もあります。

偽物が出品されている可能性がある

3つ目が偽物が出品されている可能性があることです。

OpenSeaでLANDを購入する際、SandboxのLANDではない偽物の可能性があります。

公式からも注意喚起されています。

公式も偽LANDを排除していますが、それでもまだまだ偽物が流出している可能性はあります。

 偽物を購入するとアカウント情報を抜き取られたり、悪質なウイルスが仕込まれていたりする可能性もあるため注意しましょう。
偽物ではなく、「The Sandbox」であることを確実に確認してから購入しましょう。]
The sandboxに興味がある方必見 SANDを扱う
仮想通貨取引所

パソコンがないと始められない

4つ目がパソコンがないと始められないことです。

スマホには対応していません。
今年には対応するとの噂もありますが、現状はパソコンでのプレイのみに対応です。
 パソコンができないと、The Sandboxはできないため注意してください。
なお、推奨スペックではないと快適に注意できない可能性があるため、推奨スペックのパソコンを使用するとよいでしょう。
The sandboxに興味がある方必見 SANDを扱う
仮想通貨取引所

【Coincheck】The sandboxに必要なSANDを扱う仮想通貨取引所

Coincheck

おすすめポイント
  • 国内でSANDを扱っている数少ない取引所
  • 500円の少額から暗号資産を購入できる
  • 暗号資産の売買・取引以外のサービスも充実している

Coincheckは国内でSANDを扱っている数少ない暗号資産取引所です。取引数量が多い大手の取引所であり、ビットコインやイーサリアムなど扱っている通貨は18種類もあります。

 2014年から暗号資産を扱っており歴史は古く、2018年からは大手証券会社であるマネックスグループ株式会社の傘下に加わっています。

運営体制には強力な後ろ盾があるため、信頼性・安心感があるでしょう。500円という少額からビットコインなどの暗号資産を購入できるため、初心者にもおすすめです。

暗号資産積立てやNFT、電気・ガスなども提供しており、サービスの幅は広いです。

各種手数料は無料であるため、コストを抑えて取引できます。

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら
取扱暗号資産

18種類

BTC・ETH・ETC・LSK・XRP・XEM・LTC・BCH・MONA・XLM・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG・PLT・SAND・XYM

最低取引単位  0.001BTC
レバレッジ取引 なし
取引手数料  販売所:無料
取引所:無料
形式 販売所・取引所

暗号資産初心者におすすめ Coincheck
無料口座開設はこちら

出典:Coincheck公式サイト

SANDに交換できるイーサリアムが取引可能なおすすめ仮想通貨取引所3選

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

おすすめポイント
  • アルトコインの取り扱い数が20種類と豊富にある
  • レバレッジ取引に対応しており最大2倍までかけられる
  • サポート体制が充実しており365日対応している

DMM Bitcoinはビットコイン以外のアルトコインの扱いが充実しており、全20種類の通貨の取引が可能です。気になる通貨が多い人は要チェックです。

 レバレッジ取引に対応しており最大2倍までかけられるため、通常よりも大きな金額を投資できます。

口座開設までは5分ほどの時間で完了し、「スマホでスピード本人確認」を活用すると最短1時間ほどで取引を始められます。

取引ツールはスマホ版・PC版のいずれも充実しており、取引スタイルや利用シーンに合わせた使い分けが可能です。

サポート体制土日祝日を含めた365日に対応しているため安心感があります。
取扱暗号資産 20種類
BTC・ETH・XRP・TRX・ZPG・LTC・BCH・XLM・ETC・OMG・ENJ・BAT・MONA・ADA・DOT・IOST・XTZ・XEM・QTUM・XYM
最低取引単位  0.0001BTC(0.001ETH)
レバレッジ取引 最大2倍
取引手数料  販売所:無料
形式 販売所

出典:DMM Bitcoin公式サイト

bitFlyer

bitFlyer

おすすめポイント
  • 取り扱い通貨数は17種類と豊富
  • 暗号資産FXも扱っており投資方法の幅が広い
  • 貯めたTポイントを使って暗号資産投資を始められる

bitFlyerも2014年から暗号資産を取り扱っている国内の老舗の取引所です。取り扱い暗号資産は17種類もあり、ビットコインなどの主要な通貨以外にもさまざまなアルトコインを扱っています。

暗号資産の売買以外にも、「bitFlyer Lightning」では暗号資産FXを利用できるため、投資方法の幅が広いです。

 他にも、ポイントサービスも提供しており、貯めているTポイントをビットコインに交換できます。

交換単位は100ポイントであるため、普段からTポイントを貯めており100ポイント以上保有している人であれば、現金を使わずに暗号資産投資を始められます。

さらに、500円以上のビットコイン決済ではTポイントが1ポイント貯まるため、暗号資産をお得に活用できるでしょう。

スマートフォン用の取引アプリが用意されており、使いやすいツールで取引できます。
セキュリティの強さに定評 bitFlyer
無料口座開設はこちら
取扱暗号資産 17種類
BTC・XRP・ETH・XYM・LINK・MATIC・MKR・DOT・XTZ・XLM・XEM・BAT・ETC・LTC・BCH・MONA・LSK
最低取引単位  販売所:0.00000001BTC(0.00000001ETH)
取引所:0.001BTC(0.01ETH)
レバレッジ取引 最大2倍
取引手数料  販売所:無料
取引所:0.01%~0.15%
形式 販売所・取引所

セキュリティの強さに定評 bitFlyer
無料口座開設はこちら

出典:bitFlyer公式サイト

BITPOINT

BITPOINT

おすすめポイント
  • 初心者から上級者まで使いやすい取引ツールを提供している
  • 信頼性が高いアルトコインの取り扱いが豊富
  • 500円以下の少額から暗号資産投資を始められる

BITPOINTは初心者から上級者まで人気がある国内の大手暗号資産取引所であり、特に使いやすい取引ツールが評価されています。

 各種手数料が無料であるため取引コストを抑えやすいです。

さらに、取り扱い通貨数が多いため、興味のある通貨を選び投資できるでしょう。時価総額ランキング上位のアルトコインであるため、信頼性は高く投資しやすいです。

スマートフォン用のアプリでは、取引以外にも保有資産の状況も簡単に分かるため、現状を把握した上で取引しやすいです。

取引ツールは初心者でも直感的な操作が可能であり、安心して使えます。

珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら
取扱暗号資産 13種類
BTC・IOST・DEP・LNK・JMY・DOT・ADA・TRX・XRP・ETH・BCH・LTC・BAT
最低取引単位  0.00000001BTC(0.00000001 ETH)
レバレッジ取引 なし
取引手数料  無料
形式 販売所・取引所

珍しい通貨を取り扱う BITPOINT
無料口座開設はこちら

出典:BITPOINT公式サイト

よくある質問

The sandboxの始め方は?
The sandboxの始め方は1.「口座開設」2.「MetaMasKのインストール」3.「The sandboxでのアカウント作成」の3ステップとなります。MetaMasKのログイン情報の入力なども必要となるため、登録していない方は登録しましょう。
The sandboxは簡単にどんなゲーム?
ブロックチェーンを基盤に作られたゲームで、メタバース内を自由に移動します。他のプレイヤーと自由に交流できるのがこのゲームの魅力です。
The sandboxで収益を得る方法は?
収益を得る方法は「アイテムなどの売買」「3Dゲームを作成した有料で公開して得られる入場料」「不動産投資」「ゲーム内通貨のSANDを売却」の4つです。
The sandboxの将来性は?
The sandboxは大手企業のソフトバンクが出資、今後市場が大きく成長する可能性があるため可能性はあるといえます。
The sandboxで必要なSANDを扱うおすすめの仮想通貨取引所は?
500円の少額から暗号資産を購入でき、銘柄の多いコインチェックがおすすめです。
The sandboxでの収益は課税対象となる?
The sandboxでお金を稼いだものすべて、課税対象となります。雑所得であり、合計20万年を超えると確定申告が必要になります。さらに累進課税制度であるため、収益が多ければ多いほど税率も高くなるため注意しましょう。
The sandboxはスマホでも遊べる?
The sandboxはスマホに対応しておらず、パソコンのみでのプレイとなっています。今年中にはスマホ版がリリースされるとの噂もありますが、現状はパソコンのみです。なおスマホに「The sandbox」というアプリがすでにありますが、本記事で紹介したものとは別です。

まとめ

この記事では、The sandboxがどのようなものかを紹介しました。The sandboxでは自分でNFTアートや3Dゲームを作成でき、販売したり遊んだりできます。

RPGのようにクエストやボス攻略などはありませんが、自由度が高くコミュニティも多いため、自分のスタイルに合った楽しみ方が可能です。

また、保有しているアイテムや建物、土地などは売買が可能であり、上手く活用すればゲームで遊びながら稼げます。

メタバースやNFTに興味がある人は、The sandboxを利用して楽しみながら稼いでみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事