つみたてNISAとは?初心者でもすぐにわかる始め方や特徴を解説

「つみたてNISAについて詳しく知りたい」「つみたてNISAが気になるけれどやり方が分からない」という方、実は多いのではないでしょうか?

この記事では、つみたてNISAのメリットデメリットやNISA口座との違いなどについて、投資初心者向けに分かりやすく解説しています。

人生100年時代といわれるいま、個人での資産形成は避けて通れない道です。つみたてNISAの仕組みやリスクをきちんと把握することで、安全に投資を行えるでしょう。

おすすめの証券口座も5社を厳選しました。これからつみたてNISAをはじめたいと考えている人の役に立つ内容となっています。

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは

個人投資家による資産形成を支援することを目的として、つみたてNISA制度が2018年1月にスタートしました。

通常であれば、株式や投資信託への投資で収益を得ると約20%の税金がかかります。しかし、つみたてNISAでは一定額内の投資で得た配当金や売却益には税金が課されません。

 日本に住んでいる20歳以上の人なら誰でもつみたてNISAを始められます。

年間での非課税投資可能額は40万円まで。もしも1年間で投資可能額を使い切らなかったとしても、翌年に繰り越すことはできません。

つみたてNISAの投資対象となるのは、公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)のみです。

つみたてNISA口座で購入できるのは金融庁の基準を満たした投資信託なので、安全性が高く堅実な投資ができますよ。

NISA口座との違い

NISA口座との違い

つみたてNISAとNISA口座との違いは次の5です。

つみたてNISAとNISA口座との違い
  • 非課税投資枠
  • 非課税期間
  • 投資方法
  • 投資対象
  • 口座開設期間

どちらもNISAとつくため、一見同じだと思う方もいるでしょう。

しかし実は全く異なるものです。
ここではつみたてNISAとNISA口座の違いについてみていきましょう。

非課税投資枠

1つ目が非課税投資枠です。つみたてNISAは年40万円に対し、一般NISAは年120万円となっています。

この枠内の購入額で得た配当金や売却益は、すべて非課税となります。非課税投資枠はNISA口座の方が高いものの、必ずしも上限まで投資しないといけないわけではありません。

自分の経済状況に合わせて投資ができます。

最低限度額も定められていないため、自分で金額を決めて投資が可能です。

 すでに投資枠を使い切った場合は、投資商品を購入できません。金融機関によっては課税対象となります。

非課税期間

2つ目が非課税投資期間です。一般NISAは5年間に対して、つみたてNISAは年20年間までとなっています。

投資期間に合わせて選択しましょう。
短期間の投資であれば一般NISAが適していますが、長期的な投資であればつみたてNISAが良いでしょう。
 しかしNISAでもロールオーバーにより、再度5年間非課税で運用可能です。
一般NISAはロールオーバーがあり、最大10年間非課税にすることも可能です。

投資方法

3つ目が投資方法です。

投資対象は必ずチェックしておくべき重要な項目です。
一般NISAは積み立て方式での購入でも単体での購入もできますが、つみたてNISAは積み立て方式のみとなっています。
 スポット購入をする場合は一般NISA、積み立て方式で行いたい場合はつみたてNISAが適しています。

投資対象

3つ目が投資対象です。

一般NISAの場合は株式、EFT、投資信託、REITですが、つみたてNISAの場合は投資信託とEFTと選択肢が限られています。

投資額を上限いっぱいに使い切れないにしても、自由に投資をしたい人はNISAが良いでしょう。
つみたてNISAは幅が狭いため、自由に投資したい人には不便だと感じるでしょう。そのため、自由に投資をしたい人はNISAのほうが向いている可能性があります。
 しかしつみたてNISAのほうが手数料が安く、ローリスク・ローリターンの商品が多く揃っています。

口座開設期間

4つ目が口座開設期間です。

両方とも期間が設けられています。
つみたてNISAは2024年までのつみたてが可能、対してNISAは2023年で終了します。
しかし投資できなくなるというわけではなく、2024年以降に非課税投資枠が見直しがされるということです。
 継続して積み立てを長期に行いたい場合は、つみたてNISAを選ぶとよいでしょう。

つみたてNISAの4つのメリット

つみたてNISAのメリット

つみたてNISAには以下のメリットがあります。

つみたてNISAのメリット
  • 運用コストが安い
  • 初心者でも始めやすい
  • ほったらかしでOK
  • いつでも出金できる

それぞれのメリットについて詳しく紹介します。

メリット①運用コストが安い

利益に対する税金が非課税になることがつみたてNISAの最大のメリットですが、運用コストの安さも魅力です。投資信託は通常、購入時に購入した金額の何%か販売手数料がかかります。

しかし、つみたてNISAで販売されている金融商品はすべて販売手数料が無料。かかるのは信託報酬のみです。

 信託報酬とは、投資信託の管理・運用手数料として支払う費用です。

信託報酬は金融商品ごとに設定されていて、年0.5%〜3%台のものまでさまざまです。毎日自動的に引き落とされます。

みたてNISAで購入できる投資信託は、信託報酬も安い商品が揃えられているんですよ。

メリット②初心者でも始めやすい

株式やFXなどの投資は、どんな商品にどのタイミングでいくら投資するか考えるのが難しいと感じる人も多いでしょう。

しかし、つみたてNISAなら投資信託の中から商品を選ぶだけなので、知識がなくても始めやすいメリットがあります。

 投資信託は、投資家から集めた資金でプロがさまざまな金融商品に投資。利益を分配する金融商品です。

また、つみたてNISAは少ない資金で始められるため、手軽に始められる投資方法です。証券会社によっては100円からでも投資可能です。

メリット③ほったらかしでOK

ほったらかし

つみたてNISAは自動的に投資信託を購入してくれます。口座に投資資金を入金して購入する金融商品や金額さえ設定しておけば、あとはほったらかしでOKです。

つみたてNISAの投資可能額は年間40万円までなので、1ヶ月あたりの上限額は33,333円。上限額以内で毎月買い付け額を設定します。もちろん、買い付け額や投資信託の銘柄などはいつでも変更可能です。

投資家は1年に1〜2回、残高や資産額をチェックするだけで大丈夫ですよ!

メリット④いつでも出金できる

つみたてNISAは、いつでも出金できる点もメリットです。非課税期間は最長20年間ですが、好きなタイミングで利益を確定できます。

資産形成を支援する制度として「iDeCo」も人気ですが、掛金は60歳まで引き出せません

 iDeCoは老後資金を貯めることを目的としており、掛金が住民税と所得税から控除される制度です。

子育て世代や若い世代の人は、急にまとまったお金が必要になるタイミングもあるでしょう。そんなときにも、つみたてNISAなら安心です。

つみたてNISAのデメリット

つみたてNISAのデメリット

つみたてNISAにもデメリットがあります。

つみたてNISAのデメリット
  • 投資効率はNISAに劣る
  • ロールオーバーできない
  • 元本割れのリスクがある

デメリットについても順番に見ていきましょう。

投資効率はNISAに劣る

さまざまな金融商品に分散して投資することでリスクを抑え、長期的に積み立てていくことがつみたてNISAの特徴。購入できるのは投資信託のみです。

ローリスクローリターンなので、効率のいい投資法とはいえません。

NISA口座の方が投資できる金融商品が多く投資上限額も高いので、より積極的な資産形成ができます。

ロールオーバーできない

NISA口座では非課税期間終了後にロールオーバーできますが、つみたてNISA口座はできません。

 ロールオーバーとは、非課税期間の延長手続きのことです。保有している金融商品を、翌年の非課税投資枠に移管します。

つみたてNISA口座で購入した金融商品は、非課税ではない一般口座に移管して投資を続けるか、売却するか選ばなくてはいけません。

元本割れのリスクがある

元本割れ

つみたてNISAはローリスクなので元本が保証されていると思う人もいるようですが、元本割れのリスクがあります。

金融商品の価格は日々変動しているので、投資した金額を下回ってしまう可能性もあることを念頭に置いておきましょう。

とはいえ、投資信託がローリスクであることには変わりありません。

つみたてNISAと一般NISAどちらがおすすめ?

PCの画像

つみたてNISAと一般NISA口座は向いている人と、向いていない人がいます。表にすると次のとおりです。

つみたてNISA 一般NISA
  • 長期的に運用したい人
  • 老後資金などを準備したい人
  • 50代〜60代の人
  • 幅広い商品に投資したい人
  • 個別株を投資する人
  • 短期での売買を考えている人
  • 資金が多い人

向いている人はそれぞれ異なるため、自分にあったものを選びましょう。

つみたてNISAがおすすめな人

つみたてNISAがおすすめな人は次の3つです。

つみたてNIASがおすすめな人
  • 長期的に運用したい人
  • 老後資金などを準備したい人
  • 50代〜60代の人

つみたてNISAは投資期間が長いため、長期的に運用をしたい人におすすめです。

 ローリスクの商品が多く、老後資金の準備をしたい人はメリットを感じられるでしょう。

さらに年間の投資額も40万円、毎月33,333円ほどと無理なく投資出来る金額です。

毎月33,333円であれば、無理なく投資出来る金額でしょう。
実際、つみたてNISAは老後の資金作りとして行っている人が多くいます。リスクも低いため、投資に対して抵抗を感じる方でも始めやすいでしょう。

一般NISAがおすすめな人

一般NISAがおすすめな人は次の4つです。

始める際の注意点
  • 幅広い商品に投資したい人
  • 個別株を投資する人
  • 短期での売買を考えている人
  • 資金が多い人

一般NISAはNISAに比べて商品が多く個別株も含まれているため、投資を制限されたくない方におすすめです。さらに年120万まで可能であるため、まとまった資金ある人にもおすすめできます。

投資への知識がある人、資金が多く短期売買の場合はNISAでも問題ありません。

つみたてNISAはいつまでできる?

申し込み

口座が開設できるのは2037年までの予定でしたが、制度が改定されました。新しくつみたてNISAの口座を開設できるのは2024年までです。

非課税期間は2061年までなので、2042年につみたてNISAの口座を開設してもしっかり20年間は非課税で投資できます。

 NISA制度は随時変更されていくので、今後も変更点がないか要チェックです。しかし、投資信託は長期的に運用することで利益が大きくなります。

つみたてNISA制度は20年で終了してしまいますが、つみたてNISAによる収益を元手に一般口座で新しく投資信託を購入すれば、より大きな利益を得られるでしょう。

資産形成は早くスタートした方が、複利効果で有利になりますよ!

つみたてNISAは確定申告が不要

確定申告

証券口座には、一定額の収入がある場合に確定申告が必要な口座とそうでない口座があります 証券口座の種類は以下の5つです。

口座の種類
  • 一般口座
  • 特定口座(源泉徴収なし)
  • 特定口座(源泉徴収あり)
  • NISA口座
  • つみたてNISA口座

NISA口座・つみたてNISA口座は確定申告が不要ですが、いずれも口座開設時に非課税ではない一般口座または特定口座もつくらなくてはいけません。

一般口座は特定口座よりも購入できる金融商品が多いんですよ。

一般口座は収益があれば確定申告が必要になります。源泉徴収ありの特定口座は、取引の際に税金が徴収されるため確定申告が不要です。

源泉徴収なしの特定口座の場合は自分で確定申告しなくてはいけませんが、証券会社が「年間取引報告書」を用意してくれるため簡単に申告できます。

つみたてNISA口座おすすめ5選

SBI証券

SBI証券とは

SBI証券の特徴
  • 使いやすいつみたてNISA専用画面
  • NISA口座開設数ナンバーワン
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

SBI証券は、操作性の高いつみたてNISA専用画面が用意されているので、買い付けの設定や資産の確認も簡単にできます。

NISA口座開設数もナンバーワンと、多くの人に利用されている証券会社です。

最低積立金額 100円
積立コース 毎日、毎週、毎月、複数日
つみたてNISA対象商品  178本(2022年3月5日時点)
国内株式取引シェアNo.1 SBI証券
無料口座開設はこちら

出典:SBI証券公式サイトより

楽天証券

楽天証券

楽天証券の特徴
  • 楽天カード決済でポイントが貯まる
  • 楽天ポイントで投資できる

低コストで投資が可能! 楽天証券
無料口座開設はこちら

楽天証券の最大のメリットは、楽天ポイントが貯まることです。楽天カードでクレジットカード決済をすれば、100円につき1ポイントになります。

また、貯まったポイントでつみたてNISAに投資もできるので、楽天ユーザーには特におすすめの証券会社です。

最低積立金額 100円
積立コース 毎日、毎月
つみたてNISA対象商品  180本(2022年3月5日時点)

出典:楽天証券公式サイトより

低コストで投資が可能! 楽天証券
無料口座開設はこちら

auカブコム証券

auカブコム証券

auカブコム証券の特徴
  • auPAYカード決済でPontaポイントが貯まる
  • 株式投資の手数料が安くなる
auカブコム証券 無料口座開設はこちら

auカブコム証券では、au PAYカードを使って投資信託積立をすると、買付金額の1%がPontaポイントで還元されます。

また、NISA口座またはつみたてNISA口座を開設している人は、現物株式を購入する際の1日定額手数料が最大で5%割引かれるのも特徴です。

今後、つみたてNISAだけではなく株式投資もしていくつもりの人には嬉しい特典ですね!
最低積立金額 100円
積立コース 毎月
つみたてNISA対象商品  164本(2022年3月5日時点)
auカブコム証券 無料口座開設はこちら

出典:auカブコム証券公式サイトより

マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券の特徴
  • 引き落とし手数料無料で資金移動できる
  • マネックスポイントが貯まる

マネックス証券は、定期自動入金サービスに申し込めば証券口座に資金移動する手間がかかりません。しかも、引き落とし手数料は無料です。

自動で入金されるので、「残高不足で積み立てができなかった」なんてこともありませんよ。

つみたてNISA口座で投資信託を保有していると、保有残高に応じてマネックスポイントが貯まります。マネックスポイントは、Amazonギフト券やマイルなどと交換可能です。

最低積立金額 100円
積立コース 毎日、毎月
つみたてNISA対象商品  152本(2021年10月28日時点))

出典:マネックス証券公式サイトより

松井証券

松井証券

松井証券の特徴
  • スマホアプリで手軽に投資できる
  • サポート体制が整っている

50万円まで株式手数料0円! 松井証券
無料で口座開設してみる

松井証券のスマホアプリ「投信」は手軽に投資できる便利なツールです。買い付けから資産管理まですべて投信で行えます。

サポート体制も整っており、専門スタッフが電話やチャットでつみたてNISAやお金に関する相談に乗ってくれるので、投資に不慣れな人も利用しやすい証券会社です。

最低積立金額 100円
積立コース 毎月
つみたてNISA対象商品  173本(2022年3月5日時点)

出典:松井証券公式サイトより

50万円まで株式手数料0円! 松井証券
無料で口座開設してみる

よくある質問

つみたてNISAとは?
つみたてNISAは、2018年1月にスタートした資産形成を支援する制度です。
通常、株式や投資信託での収益には約20%の税金がかかりますが、つみたてNISAの上限内で得た配当金や売却益は非課税になります。
年間での投資上限額は40万円です。
つみたてNISAとNISAは何が違うの?
NISAでは投資信託に加えて株式も投資対象になっているため、つみたてNISAよりも幅広い金融商品に投資できます。
年間投資可能額は、つみたてNISAが40万円なのに対してNISAでは最大120万円。しかし、投資期間は最長5年間と短めです。
つみたてNISAのメリットは?
つみたてNISAのメリットは、初心者でも始めやすいことです。積立購入の設定さえすれば、あとはほったらかしでOK。
また、運用コストが株式投資などに比べて安く設定されています。購入した投資信託は、いつでも売却して出金できる点もメリットです。
つみたてNISAデメリットは?
つみたてNISAは、年間40万円の資金を投資信託でコツコツと資産を増やしていくため、投資効率がNISAに劣ります。
非課税期間の終了後、ロールオーバーできないこともデメリットです。元本割れのリスクがある点にも注意しなくてはいけません。
つみたてNISAはどんな人に向いている?
リスクの大きな投資はしたくない人、コツコツと資産を増やしていくことを目的としている人につみたてNISAは合っています。
投資信託は、投資家から集めた資金をプロが運用しその利益を分配する商品なので、投資経験がない人でも始めやすいでしょう。
つみたてNISAはいつまでできる?
つみたてNISA口座が開設できるのは2041年までです。
非課税期間は2061年までなので、2042年に口座を開設しても、しっかり20年間は非課税で投資できます。
しかし、複利効果を得るためにも資産形成は少しでも早く始めるといいでしょう。
つみたてNISAに確定申告は必要?
NISA口座・つみたてNISA口座は確定申告が不要です。しかし、口座開設時に非課税ではない一般口座または特定口座もつくらなくてはいけません。
源泉徴収ありの特定口座を選べば、もしも株式投資を始めたとしても確定申告は不要になります。

まとめ

つみたてNISAは、誰でも手軽に始められる投資です。好きな投資信託を選んで積み立て金額を設定すれば、自動で投資してくれます。

投資信託は、金融のプロが投資家の資金を因でび多様な金融商品に投資。その利益を分配するため、投資に関する知識がなくても問題ありません。

 株式やFXに比べて、投資初心者でも失敗するリスクが低いですよ。

投資経験がない人にとって、1歩を踏み出すのは勇気がいることです。しかし、つみたてNISAの取り扱い商品は金融庁が厳しく審査しているため、安心して購入できます。

つみたてNISA口座に入金したお金はいつでも引き出し可能です。また、つみたてNISA口座での投資に対する利益は非課税なので、大きなデメリットはほとんどありません。

これから投資を始めてみたいと考えている人は、まずはつみたてNISAに挑戦してみてはいかがでしょうか。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事