家賃収入を得る方法・手順を徹底解説!必要な税金やリスクも紹介

購入した物件に住む入居者からの家賃が収入源となる「家賃収入」。実労働を伴わない収入源として「いつか自分も挑戦してみたい」と考える方も多いでしょう。

そこで今回は、家賃収入について、得る方法・手順から必要な費用まで、まとめて徹底解説。また、家賃収入を得るうえで気をつけるべきリスクに関してもあわせて紹介しています。

最後にはおすすめの不動産会社も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。
不労所得の第一歩 家賃収入を得る手順を解説

家賃収入とは?

家賃収入とは?

家賃収入とはアパートやマンション、ビルなどの入居者が支払ってくれる家賃により得られる収入です。

不動産投資の知識が少ない方からすると、賃料すべてが大家さんの手元に残ると思われるかもしれません。

しかし実際には家賃収入のうち、上記等の経費を引いた金額が家主の手元に残ります。

差し引かれる経費の一例
  • 物件や土地にかかる固定資産税
  • 物件のメンテナンス費用・修繕費
  • 物件にかけている保険料の支払い
  • 支払利息(借り入れをして物件を購入した場合)

受け取る賃料全てが丸々手元に残るわけではないと知っておいた方が良いでしょう。

不労所得の第一歩 家賃収入を得る手順を解説

家賃収入を得る方法・手順

家賃収入を得たいと思っても、具体的なやり方が分からないという方は多いでしょう。これから賃貸経営を始める方向けに、家賃収入を得る方法を詳しく解説していきます。

手順①不動産投資会社のセミナーを受講する

不動産投資会社では無料のセミナーを行っています。長期の運用となる不動産投資を始めるにあたり、一番重要なのは投資について勉強をすることです。

セミナーでは不動産投資のプロが利回りの良い物件や、効率よく利益を生み出す方法を解説してくれます。不動産投資の手順も具体的にわかるので、まずはセミナーを受講しましょう。

 オンラインでのセミナーを開催している会社もあるので、全国どこからでも好きな時間に受講することができます。

セミナーへ参加するとアマゾンギフト券などの特典をプレゼントしてくれる会社も多いですよ。

不動産投資ならRENOSYがおすすめ!
RENOSY
  • 資料請求&初回面談でAmazonギフト券50,000円分プレゼント
  • 東京商工リサーチ調べで、2年連続不動産投資売り上げ実績No.1
  • 入居率99.5%!平均空室期間はたった26日
  • アプリで簡単に物件管理ができる
RENOSYの基本情報
企業名 株式会社GA technologies
所在地  東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー40F
設立 99.5%(2021年2月時点)
入居率 2013年3月12日

出典:RENOSY公式サイト

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

手順②物件を探す

家賃収入を得る方法・手順

アパートやマンションなどの賃貸用不動産を持っていない場合、まずは物件探しから行いましょう

 貸経営目的の不動産を探すときも、不動産会社を仲介に任せるのが一般的です。

居住目的の不動産を探すのと似ていますが、賃貸目的の不動産を購入するときには、以下3つのポイントに注意しましょう。

物件の選びのポイント
  • 安定して人が入居しそうな物件を選ぶ
  • 初期費用の用意と資金計画をたてる
  • 今後のメンテナンスの計画・見積もりをしておく

賃貸経営は、マンションやアパートの一室を購入して始めるケースもあれば、ビルやマンションをまるまる一棟建てて始めるケースもあります。

それぞれ初期費用やリスクが異なるので、自分に合った規模で家賃収入を得ることからスタートしましょう。

手順③入居者を募集する

家賃収入を得る方法・手順

賃貸経営目的の不動産を入手し、人が住めるように整えたら入居者を募集していきます。

不動産会社を仲介に挟んだ方が効率よく入居者を探せます。不動産会社にどこまで委託するかは、家主が決められます。

委託例
  • 入居者を探すところまで
  • 賃貸契約の締結
  • 入退去の手続き
  • 物件の維持・管理

もちろん委託する範囲が広ければ広いほど、管理費用や委託費用を支払う必要があります。

その一方で、不動産会社にすべて委託をしてしまえば、時間の節約になるうえに、借り手側に対して安心感を与えられます。

 資金繰りの計画や利回りによって「どこまで不動産会社にお任せするか」を決めていくのがいいでしょう。

今後、どんどん所有物件を増やして本格的に不動産経営をしていきたいのであれば最初のうちに信頼できる不動産会社を見つけておくのがおすすめです。

手順④賃貸契約を結ぶ

家賃収入を得る方法・手順

住宅の借り手が見つかったら、賃貸契約を結びましょう。賃貸契約は法律の知識も絡むので、不動産会社や専門家を挟んだ方が良いでしょう。

仲介会社や専門家にすべてお任せするのではなく、ご自身でもある程度賃貸経営の勉強をしておくと安心です。

手順⑤家賃の入金確認・定期的なメンテナンス

借り手が見つかって引き渡しが終わったら、最初の家賃の入金を確認しましょう。その後は借り手が住み続けている間は、以下を行います。

定期作業
  • 家賃の入金確認
  • メンテナンス・トラブル対応

賃貸契約が終了し、所有している物件が空室となった際には、再び不動産会社に広告等を出してもらい空室をできるだけ早く埋めるようにします。

このように不動産経営は、物件やその他の管理業務を管理会社に任せると、副業の中でも労働量が比較的少ない不労所得の一種です。

一度、入居者が見つかればその後は定期的なメンテナンスをするだけで継続的に収入を得ることができます。

家賃収入に失敗しない物件選びのポイント

家賃収入に失敗しない物件選びのポイント

安定した家賃収入を得るためには、人に住みたいと思ってもらえるような物件が必要です。

そこで、これから人に貸す物件を購入したい方に向けて、物件選びのポイントを解説していきます。

物件のエリアには徹底的にこだわる

賃貸経営で失敗したくない方は、物件のエリア選びには徹底的にこだわりましょう。

おすすめエリア
  • 人気のあるエリア
  • 人口減少率が少なく今後もある程度の人口が見込めるエリア
  • 政令指定都市

上記の場所・エリアにある物件を選んでおくと、入居者が見つかりやすいでしょう。どんなに住宅の設備や外観が良くても、不便な土地にある物件を借りようとする方は少ないです。

一般的に収益性の高い土地にある物件は、入居者で埋まりやすく利回りも高い傾向にあります。

住宅の付加価値を上げるための「リフォーム」や「定期メンテナンス」などの取り組みが行いやすいという特徴があります。

建物の構造や設備が時代に合っている

家賃収入に失敗しない物件選びのポイント

物件を購入しようとしたときに、設備が古く価格も安い物件は避けた方が良いかもしれません。建物の構造が今の時代と合っていない場合、以下の可能性があります。

古い物件のリスク
  • 老朽化リスク
  • 建て替えにより費用がかさむ

老朽化が原因である突発的な住宅トラブルや建て替え費用は、かなり高額となってしまうケースも多いです。

 資金計画や利回りに大きな影響を与えてしまうので、リスクが少しでもある物件は避けた方が良いでしょう。

古い家は間取りなどが今の時代に合っていない可能性もあります。特に近年では、働き方改革の影響で住宅に求めるものの価値観が大きく変化してしまうかもしれません。

例えば、在宅ワーク用の部屋が家の中に用意されている物件が、昨今需要が高いと言われています。

今の時代、これからの時代に適応していけそうな物件を選びましょう。

実際に物件や土地を見て決定する

家賃収入に失敗しない物件選びのポイント

「家賃収入を早く得たい、早く不動産投資を始めたい」こんな風に思ってしまうと、ネット上の情報だけで物件を購入してしまいそうになることもあるでしょう。

 物件を購入する前には実際にその土地や建物に足を運び、必ず自分の目で確認しておくことが大切です。

自分がマンションやアパートを借りるときも、部屋や周辺の駅に足を運び環境を確認するはずです。

これと同じイメージで「周辺の環境」や「住宅の設備」などに関しては、入念なチェックを行うようにしましょう。

自分の目で確かめることで、ネット上に記載されていなかった欠点なども見つかるかもしれません。

家賃収入で成功するポイントを紹介

ByBIT(バイビット)がやばいと言われる理由

不動産投資に関する勉強をする

家賃収入を得たい方は、不動産投資に関する知識を身につける必要があります。

 物件の購入はローンを組んだり大金を使うため、失敗に伴うリスクが大きいです。そのため、不動産経営と投資の2つの面から勉強をするといいでしょう。

また、不動産投資会社では、無料セミナーを随時開催しています。セミナーでは不動産投資のプロが直接相談に乗ってくれるため、知識を深めることができます。

オンラインで開催しているところもあるため、仕事で忙しい方にもおすすめです!

空室や災害などの様々なリスクに備える

不動産投資で家賃収入を得たい方は、リスクを想定して対策を行う必要があります。

不動産投資のリスクには以下の例があります。

リスクの例
  • 空室・家賃の滞納リスク
  • 建物の老朽化リスク
  • 地震など天災のリスク
  • 不動産価格の暴落のリスク

特に「空室リスク」は家賃収入を計画的に得ることができなくなるため、対策が必要です。また、物件選びから空室リスクを意識して需要が高い物件かどうかを判断しましょう。

様々なリスクを予想して対策を行いましょう!

信頼できる不動産会社を選ぶ

頼できる不動産会社を選ぶことも、家賃収入で成功するポイントの一つです。

物件購入後のトラブルにも対応している不動産投資会社や、安定した入居率を誇る不動産投資会社など特徴が異なるため、自分の希望と合ったものを選びましょう。

また、1社だけでなく複数を比較して慎重に選ぶことをおすすめします!

家賃収入を得るのにかかる費用

家賃収入を得るには、費用がかかります。どんな費用がいつどれくらいの金額かかるのか把握しておくと、賃貸経営の資金計画も立てやすくなりますよ。

家賃収入を得るためにかかる初期費用

家賃収入を得るのにかかる費用

ここでは、2,000万円のマンション一室を購入して賃貸経営を始める場合の初期費用の目安を紹介していきます。

初期費用
  • 物件の取得費用:2,000万円(ローンを借りる場合がほとんど)
  • 仲介手数料:66万円
  • 不動産取得税:80万円
  • 印紙税:4,000円
  • 登記費用:約30万円(司法書士への報酬含む)

上記の費用は物件購入時に用意しておく必要があります。物件取得費用については、ローンという選択肢もあるので全額用意する必要はありません。

初期費用は物件購入費の1割程度を見積もっておくと安心です。

その他の費用

他にも以下の費用がかかる可能性があります。

その他の費用例と目安
  • 支払い保険料:約15万円
  • ローンの手数料:約40万円
  • リフォーム費用:数十万円程度

これらの費用は物件の種類や状況によっても大きく変わるので見積もりを取って資金計画をたてておきましょう。

家賃収入を得るときに継続的にかかる費用

家賃収入を得るのにかかる費用

物件購入後も、家賃収入を得るためにはお金がかかります。ローンの金利は2,000万円の物件をフルローンで購入した場合の金利支払い分です。

費用例
  • ローンの金利:約10万円
  • 支払い保険料:約15万円(更新ごとに)
  • 修繕費・リフォーム費:数十万円程度
  • 仲介手数料:家賃の0.5ヶ月分
  • 委託・管理費用:家賃の5%程度

これらのお金は物件の利回りにもかかわってくるので、できるだけ抑えられると良いでしょう。

 上記費用はいずれも「コストをかけるだけの価値があるのか」常にコストパフォーマンスを意識していくことが求められます。

マンションやアパートを一室購入して賃貸経営を始める場合の、実質利回りの目安は5%程度です。

かかる経費と家賃を実際に計算してみて実質利回りがどれくらいになるかも確かめておきましょう。

家賃収入を得るうえでかかる税金

家賃収入を得るうえでかかる税金

家賃収入を得た際には必要に応じて税金を納める必要があります。

かかる可能性のある税金一例
  • 所得税
  • 不動産取得税
  • 登録免許税
  • 印紙税
  • 固定資産税
  • 都市計画税
  • 住民税
  • 相続税
  • 個人事業税
  • 消費税 etc…

家賃収入にかかる税金は「給与所得」など、他の所得と合算して税額や税率が決まります。そのために一概にいくら税金がかかるとは言えません

家賃収入を得ている方は、支払う税金も考慮したうえで利回りや資金計画をたてていきましょう。

所得税は「不動産所得」に対してかかる

家賃収入を得るうえでかかる税金

家賃収入は所得税の中でも不動産所得もしくは事業所得に該当します。

しかし、家賃収入が事業所得として扱われるケースは個人ではまれで、不動産を5棟以上持っている場合など事業規模が大きい場合のみです。

 不動産所得は、(不動産の総収入ーかかった経費)で計算できます。

例えば1年間の家賃などを含む総収入が200万円で、かかった経費が100万円だとすれば、不動産所得は200万ー100万で100万円となります。

また、不動産の総収入には、家賃収入以外にも以下のお金が含まれます。

収入に含まれるもの
  • 礼金
  • 更新料
  • 管理費
  • 駐車場の賃料
  • 自動販売機の売上

ちなみに敷金は原則、退去時に返還するものという扱いなので、敷金を受け取った時点では収入に含める必要はありません。

 ただし、敷金を何らかの理由で返金しなかったときには、敷金も収入に含める必要があります。

家賃収入を得るうえでのリスク

家賃収入を得るうえでのリスク

不動産経営は安定していると思われがちですが、リスクもあります。家賃収入を得るうえでの主なリスクは以下の通りです。

空室リスク 空室リスクを下げるために実績豊富な不動産会社と委託契約を結ぶ
災害リスク 地盤の強い土地・エリアで物件を探す
金利上昇リスク 保険に加入しておく
デフレリスク 資金計画は余裕をもって建てておく
物件が老朽化するリスク 所有物件の出口戦略も考えておく

残念ながら上記のリスクを完全になくすことはできません。しかしリスクを正確に把握してあらかじめ対処しておけば、リスクを最小限にとどめることが可能です。

それぞれの問題を適切に対処すればリスクを抑えられ、結果として安定した利回りを確保できる可能性が高まります。

家賃収入を得たい方必見!おすすめ不動産投資会社5選

SYLA(シーラ)

シーラ

SYLAのココがおすすめ
  • 月1万円の少額からでワンルームマンション投資をスタートできる!
  • 入居率99.3%!※1空室のリスクが少なく安心
  • 年間400戸近くを販売※2する実績
  • 厳しい審査を通過しなければならない「住宅性能表示制度」を導入
  • 管理業も行っているなら、購入から運用の流れがスムーズ

※1 SYFORMEの入居率。公式サイトより
※2 公式サイト「販売個数推移」より。2020年度は377戸

SYLAは、デザイナーズワンルームマンション「SYFORME(シーフォルム)」などを開発、販売する不動産会社です。SYLAの魅力は少額から気軽に不動産投資が始められる点です。

複数の投資家から資金を集めて運用を行うSYLAが提供する不動産投資型クラウドファンディング「利回りくん」なら、最低1万円から不動産投資をスタートすることができます。

経験を積んだ後には、入居率が99.3%を誇るSYFORMEで本格的な投資に挑戦できます。駅近の土地にこだわり開発したマンションで、空きが出てもすぐに埋まってしまうほど、魅力のある物件です。

 空室が続くと、本来入ってくるはずの家賃収入が入ってきません。入居率が高いのは、投資用不動産を購入する上で大事なポイントです。

さらに入居者の家賃滞納など、損失のトラブルへのフォローも充実。集金代行の契約システムを利用すれば、様々なリスクを軽減することができます。

まずは気軽に不動産投資を始めたい方はSYLAのセミナーを受講することをおすすめします。

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

企業名 株式会社シーラ
所在地  東京都渋谷区広尾1-1-39
恵比寿プライムスクエア 7F
設立 2010年9月29日
入居率 99.3%(SYFORME)

1口1万円からオーナーになれる! SYLA(シーラ)
無料でセミナーに参加する

出典:SYLA 公式サイト

RENOSY

RENOSY

RENOSYのココがおすすめ
  • 資料請求&初回面談でAmazonギフト券50,000円分プレゼント
  • 東京商工リサーチ調べで、2年連続不動産投資売り上げ実績No.1※1
  • 入居率99.5%!平均空室期間はたった26日※2
  • アプリで簡単に物件管理ができる
  • AIが算出した資産価値が高い優良物件を紹介してくれる
  • グループ会社が賃貸管理業を行っているから、連携もスムーズ

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

不動産情報サイトRENOSY(リノシー)は2013年に設立されたGA technologiesが運営しています。

RENOSYは、東京商工リサーチによる投資用中古マンションの売り上げ実績が、2年連続で1位を獲得※1。たくさんの人がRENOSYを通して投資用不動産を購入しています。

 購入後の物件入居状況や送金内容などは、アプリで簡単に管理可能。チャットでの相談もできるので、困ったことがあってもすぐに解決できそうです。

また、購入後の管理はグループ会社にお任せできて、プランも充実。リスク許容度と価格に合わせて、3つのプランから選ぶことができます。

3つのプラン概要
  集金代行プラン
最低限のサポートで安い
ワイドプラン
設備リスクをしっかりカバー
NEOインカム
空室+設備リスクをカバー
設備修理・交換費用
空室時の負担
滞納時の負担
原状回復の費用
タテカンさぽーと
広告費の負担
契約期間
(更新)
3年
(以降は2年で自動更新)
3年
(以降は2年で自動更新)
7年
(譲渡対価は1年ごと)
空室時の賃料まで保証してくれる「NEOインカム」に加入すれば、家賃収入が途切れることがないので、おすすめです。

どのプランを選んでも、入居者とのやりとりや募集はGA technologies側で行ってくれますので、安心です。

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

企業名 株式会社GA technologies
所在地  東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー40F
設立 99.5%(2021年2月時点)
入居率 2013年3月12日

出典:RENOSY 公式サイト

Amazonギフト券5万円もらえる! RENOSY
無料で資料請求する

※1~2
※1)2021年6月 東京商工リサーチ 不動産投資マンスリーレポートより
※2)公式サイトより

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズのココがおすすめ
  • 入居率97.4%!安定した家賃収入が期待できる
  • 入居者のターゲットを首都圏に住む単身者に絞って、ニーズに合うマンション作りをしている
  • マンションクオリティが高いから、築20年越えの物件でも安定した入居率を保っている
  • 建物のメンテナンスに細かい配慮をし、長い間綺麗に住み続けられるようにしている
  • オーナー専用アプリ「LENZ」を使えば、おうちにいながら契約更新も可能

※2021年6月度 公式サイトより

専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
無料で資料を見てみる

トーシンパートナーズは、1989年設立の不動産会社です。「フェニックス」や「ZOOM」のマンションシリーズを出していることで知られています。

入居者のターゲットを首都圏に住む単身者に絞り、マンションの立地やデザイン性なども計算尽くなので、築20年経った物件でも安定した入居率をキープしています。

 建物のメンテナンスも配慮。清掃、設備点検などを定期的に行い、より長くマンションの資産価値が保たれるように配慮しています。

マンションの設備は24時間監視、各マンションに清掃スタッフを配置するなどして、安全と清潔感を維持。入居者も安心して暮らるでしょう。

オーナー専用のスマートフォンアプリ「LENZ」では、いつでも気軽にチャットで困りごとなどを相談できます。

アプリ上での契約更新も可能なので、おうちにいながら簡単に不動産投資ができます。忙しい人にもピッタリです。

企業名 株式会社トーシンパートナーズ
所在地  東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5
設立 1989年2月18日
入居率 97.4%

出典:https://www.tohshin.co.jp/

専用アプリで簡単に問い合わせ可能! トーシンパートナーズ
無料で資料を見てみる

FJネクスト

FJネクスト

FJネクストのココがおすすめ
  • 創業41年!東証一部上場企業で信頼と実績がある
  • 入居率99.0%※1。安定の運用が期待できる
  • 都心を中心に315棟、2万1907戸の供給実績※2
  • 無料セミナーを随時開催していて、WEBからも聞くことができる
  • 98.5%の物件が駅から徒歩10分以内※3で、入居者が決まりやすい

無料セミナーを定期開催中! FJネクスト
無料で資料を見てみる

FJネクストは、「ガーラマンションシリーズ」でお馴染みの不動産会社です。

創業は41年になり、東証一部に上場。都心を中心に315棟、2万1907戸を供給していて、確かな実績があります。

 無料のセミナーや相談会も毎週のように行っているので、ライフスタイルに合わせて受講することができます。

管理戸数は1万7000戸超え。経験やノウハウがしっかりあるから、どんなトラブルにも柔軟に対応してくれるでしょう。
※公式サイトより

FJネクストのワンルームマンションの98.5%が駅から徒歩10分以内に位置しています。

特にワンルームマンションは、駅から近い方が空室リスクが少なく、すぐに入居者が決まるでしょう。

企業名 株式会社エフ・ジェー・ネクスト
所在地  東京都新宿区⻄新宿六丁目5番1号
新宿アイランドタワー11F
設立 1980年7月
入居率 99.0%

出典:FJネクスト 公式サイト

無料セミナーを定期開催中! FJネクスト
無料で資料を見てみる

※1~3
※1 2021年3月末時点。公式サイトより
※2 2021年6月末時点。公式サイトより
※3 2020年6月末時点、ワンルームマンションに限った場合。公式サイトより

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメントのココがおすすめ
  • セミナーはなんと毎日開催!オンラインで参加可能
  • 不動産投資初心者でも、不動産投資のノウハウがよくわかるサービス「レイビー」を運営
  • 医師向けの不動産投資サービス「ドクターズコンシェルジュ」が注目を集めている
  • 相続税の相談などもでき、心強い
  • 賃貸管理・建物管理も行っているので、購入後の手続きもスムーズ

グローバル・リンク・マネジメントは、渋谷区にある不動産会社。不動産の開発、販売、管理業などを行っています。

セミナーの開催はなんと毎日。開催時間もさまざまなので、ライフスタイルに合わせて、好きな時に受けることができます。

 不動産投資についてわかりやすいコンテンツが豊富な「レイビー」を見れば、初心者も不動産投資がよくわかります。

記事はたった5分で読めて、誰でも簡単に理解できるので、不動産投資初心者にとってはありがたいコンテンツです。

他にも相続税の相談ができたりと、不動産についての困りごとには心強い存在となってくれるでしょう。

医師向けの不動産投資サービス「ドクターズコンシェルジュ」も、不動産投資に興味がある医師たちから注目を集めています。

企業名 株式会社グローバル・リンク・マネジメント
所在地  東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号
渋谷マークシティウエスト21階
設立 2005年3月
入居率 98.42%

出典:不動産投資マンスリーレポート

家賃収入に関してよくある質問

家賃収入とは?

家賃収入とは、物件の入居者が支払う家賃によって得られる収入のことを指します。しかし、受け取った家賃のすべてがオーナーの元に行くのではありません。

家賃の合計金額から物件の維持にかかる経費を差し引いた金額がオーナーの手元に残ります。

家賃収入を得る方法・手順は?

何も準備していない状態から、家賃収入を得るまでの大まかな流れは以下のとおりです。

1.物件探し
2.入居者を募集する
3.入居者と賃貸契約を結ぶ
4.家賃の入金確認・定期的なメンテナンス

上記の中でも物件を決めるまでの勉強に力を入れ、時間を使うのがおすすめです。

物件選びのポイントは?

「物件のエリアには徹底的にこだわる」や「建物の構造や設備が時代に合っている物件を選ぶ」などがあげられます。

他にも「実際に物件や土地を見て決定する」ことも忘れないようにしましょう。

家賃収入を得るのにかかる費用は?

不動産を購入する時の初期費用は、物件の価格の1割程度必要だと言われています。基本的に最も高額となる「不動産物件」に関しては、ローンを組んで支払うことになるでしょう。

そのため、不動産投資を始めるのに、物件を購入できる金額を事前に用意する必要はありません。

家賃収入を得る際に支払う税金は?

不動産投資にかかる税金は種類が多いです。

・所得税
・不動産取得税
・登録免許税 etc…

ただし、これらの税金は家賃収入で得た金額によって異なります。そのため、一概に〇〇円かかるとは言えないのが実情です。

家賃収入を得るうえでどんなリスクがある?

「空室リスク」や「災害リスク」「金利上昇リスク」などが代表的なリスクです。どのリスクも不動産のオーナー個人の力では、完全になくすことは困難です。

そのため、事前にリスクとその対処法を準備しておくことがとても大切です。

家賃収入を得るのにおすすめの不動産会社は?
不動産投資なら、投資目的の不動産を取り揃えている「クレアスライフ」がおすすめです。
不動産経営に関して全面的にサポートしてくれるため、不動産投資の経験が浅い方でも安心して利用できるでしょう。

まとめ

家賃収入を得るのは、土地やアパート・マンションなどを持っている富裕層だけと思っている方も多いでしょう。

しかし、実際には少ない初期費用から不動産経営を始めることも可能です。

おそらく最も高額となる「不動産物件の購入費用」も、ローンを組むことができれば、全額を用意する必要がないからです。

また、本記事で紹介した家賃収入を得る手順は以下の通りです。

  1. 物件を探す
  2. 入居者を募集する
  3. 賃貸契約を結ぶ
  4. 家賃の入金確認・定期的なメンテナンス

特に家賃収入が発生してからの、物件のメンテナンスや入居者トラブルが、不動産のオーナーにとってストレスになる可能性が高いでしょう。

その点、不動産投資に関わる様々な業務を一任できる「不動産会社」があれば心強いです。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事